オーストラリアで拡張現実(AR)・仮想現実(VR)を学ぶ!

ポケモンGOやGoogle Glassesに代表される拡張現実(Augmented Reality:AR)、そしてソニーのプレイステーションVR、フェイスブックのOculus Rift等の仮想現実(Virtual Reality:VR)、2016年はVR元年ともいわれています。

AR/VR市場は今後年間180%以上の成長、2020年には16兆円規模にもなるとの予想(IDC調査)も出ており、今後AR/VRに対応できる人材は世界的に必要とされてきます。

オーストラリアでもAR/VRの研究は活発になっており、オーストラリアではメルボルンのディーキン大学でAR/VRを学ぶことができます。

今後大きな需要が見込まれているAR/VR、多文化社会オーストラリアで学び、国際的にプロジェクトを推進できる人材を目指してみませんか?

コース概要

ディーキン大学ではBachelor of Information Technologyの専攻として、Virtual Reality and Augmented Realityを選ぶことができます。

条件を満たすことができれば、AR/VR業界でのインターンシップができる科目を取ることもでき、専門知識・スキルのみならず実践経験も積むことができます。
           
進学方法
ディーキン大学の進学コースを開講する、Deakin CollegeのDiploma of Computingから、大学2年編入を目指すことができます。

Diploma of Computing:8ヵ月~1年

↓大学2年編入

Bachelor of Information Technology:2年
入学条件
入学には英語力と高校の成績条件が設定されています。

❑英語力
IELTS5.5(各セクション5.5以上)
TOEFL iBT52(ライティング19, スピーキング16, リスニング・リーディング5以上)

❑高校の成績
5段階評価で3.0以上
ご参考学費
Diploma of Computing:26,700ドル(約227万円)

Bachelor of Information Technology:年間30,200ドル(約257万円) x 2年

ディーキン大学ITコース

ディーキン大学のITコースでは、11の必須科目、7つの選択科目、そして6つの専攻科目を受講します。

Virtual and Augmented Realityで開講されている科目はこちらになります。
 
Introduction to Creative Technologies

Application and Design of Virtual and Augmented Reality Systems

Audio and Visual Production

Development for Virtual Reality

Creative Production

Augmented Reality Systems
選択科目では、ITとは異なる分野から授業を取ることもできますし、7科目のうち6科目を1つの専攻の授業を受けて、第二専攻とすることもできます。

ディーキン大学のITコースは、Virtual and Augmented Realityの他に、こちらの専攻が開講されています。
 
Application Development

Cloud Computing

Creative Technologies

Game Development

Cyber Security

ディーキン大学への進学

オーストラリア留学センターは、ディーキン大学の日本公式相談・出願窓口として、無料で皆さまの大学進学をお手伝いしております。

高校3年生の1学期の成績が出ておりましたら、ディーキン大学への出願を行うこともできます。

オーストラリアでAR/VRを学ぶことにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としております。
※上記費用や情報は、2018年9月17日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもございます。
※授業料は科目の取り方によって変わりますので、ご参考費用としてご覧ください。

水産・養殖とビジネスを学ぶ ジェームスクック大学

海洋学や環境学で有名なジェームスクック大学(James Cook University)では、海洋学・環境学と関連した、ユニークなビジネスコースが開講されています。

ビジネスと環境との共存が言われて久しい現在、持続可能な重要性はますます増しており、ビジネスと環境のスペシャリストになることは、将来的にご自身の大きな強みとなります。

ジェームスクック大学のBachelor of Business and Environmental Scienceでは、環境とビジネスについて学ぶことができ、特に、水産関係・養殖関係のキャリアやビジネスにご興味をお持ちの方にお勧めのコースです。

ジェームスクック大学の海洋学・環境学についての詳細は、「世界屈指のユニークな地球環境保全学」「世界遺産グレートバリアリーフで学ぶ海洋学」もご覧下さい。

環境・養殖とビジネスで学べること

Bachelor of Business and Environmental Scienceでは、養殖を専攻にして学ぶ、専攻を決めずに学ぶ2つの方法があります。
1年生1年生では、会計、ビジネス、持続可能性やエコロジーといった分野の基礎科目を学びます。
ご参考科目:Accounting for Decision Making, Contemporary Business Communications, Introduction to Sustainability等
2~3年生【養殖を専攻】
養殖を専攻する場合は、養殖の基本から養殖産業、実際の養殖方法等を学びます。
ご参考科目:Aquaculture of Tropical Species, Aquaculture: Feeds and Nutrition, Marine Ecology and Environmental Assessment等

【専攻なし】
養殖を専攻せずにご自身のご興味分野から科目を選ぶことができます。
ご参考科目:Introduction to Environmental Economics, Field Studies in the Equatorial Tropics: Borneo, Fisheries Science等

コース概要

ジェームスクック大学は、日本の高校卒業の学歴で直接入学を目指すこともできるので、3月に高校を卒業されて、入学条件を満たすことが出来ていれば、最短で7月に大学入学をすることができます。
コースBachelor of Business and Environmental Science
学費年間32,000ドル(約282万円)x 3年
入学2月、7月の年2回
英語力IELTS6.0(各セクション6.0), TOEFL iBT79(各セクション19)
条件成績と受講科目次第で、日本の高校から直接入学が可能です。
英語力条件を満たせていない場合は、ジェームスクック大学の英語コースから、成績条件がクリアできていない場合は、ファウンデーションやディプロマコースから進学、大学編入を目指すことができます。

ジェームスクック大学への進学

オーストラリア留学センターは、ジェームスクック大学の日本公式の相談・出願窓口として、進学のご相談から出願、現地でのサポートを無料でお手伝いをしております。ジェームスクック大学のBachelor of Business and Environmental Scienceにご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=88円換算としております。
※上記費用や情報は、2018年2月15日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもございます。
※授業料は科目の取り方によって変わりますので、ご参考費用としてご覧ください。

現役学生が紹介する職歴不要のMBAコース(エディスコーワン大学)

実践教育で定評のあるパースのエディスコーワン大学(ECU:Edith Cowan University)では、職歴不要のMBAコース、MBA Internationalが開講されています。

MBA International、実際に何を学べてどんな人が学んでいるのか、現役MBA学生のTomokoさんにご紹介頂きました。

MBA Internationalってこんなコース

MBAとはMaster of Business Administrationの略で、経営者やマネージャーになるために必要なビジネスの総合的な知識を習得することを目的としています。

ECUでは セメスター1で基礎となるマネージメント、マーケティング、会計学、経済学を勉強し、その後更なる専門分野へと知識を深めていきます。コースはオーストラリア国内はもちろん、国際的に活躍ができるマネージャーを育てることに焦点を置いています。

コースを通してグループ課題が非常に多く、留学生の割合も多いことからグローバル社会で働く上で大切なチームワーク、リーダシップなど様々な知識や感覚も身につけることができます。

こんな人が学んでいます!
色々なバックグラウンドの方に門戸を開いているので、私が一緒に学んでいるクラスメートも、ビジネスだけでなく様々な学位や経験を持った人達がいます。

クラスメイトには、工学部を卒業して将来エンジニア関係のビジネスを仕事にしたいと考えている人、またプロジェクトマネージャーとして世界中で仕事をしてきて、今後の起業プランを立てるためにMBAを勉強している人。4歳の娘を持つお母さんもいて、人材分野のマネージャーへのキャリアアップのために勉強をしていて、時々娘さんをグループ課題の集まりに連れてくるので、休憩時間に一緒に遊んだりしています(笑)

ほんとうに世界中から異なるバックグラウンドを持った人が勉強をしているので、友人としてはもちろん、将来の国際的なビジネスコネクションをつくることもできます。

こんな方におススメ!
MBA Internationalの入学には、職歴は不要であり、またビジネス系の学位も求められません。文学部や社会学部、理学部といった学部を卒業した方でも入学をすることができ、私自身、文学部を卒業して進学をしました。

入学前はまわりに着いて行けるか不安でしたが、ビジネス科目を基礎から学ぶことができるので、ご自身すでに学んだ事にプラスして、ビジネスの知識と実践を学び、起業に限らずキャリアアップを目指したい方におススメです。MBAではビジネス全般を勉強するため、ビジネス系のバックグラウンドを持っているクラスメイトでも、得意不得意科目があり、課題は科目によってお互いに助けあっています。
Tomokoさんのブログや動画でもMBA Internationalについて紹介しておりますので、こちらのブログインタビュー動画もご覧ください。

MBA Internationalの科目紹介

Strategic Leadership & Stakeholder Management
毎週違った各業界のリーダーたち(DMやCEO)がゲストスピーカーとして講義を行い、リーダーシップについて実践を学ぶことができます。課題の1つとして自分のリーダシップ能力を分析し、長所・短所を伸ばすための10年計画を立てるものがあり、自己分析力とともに長期的視野で物事を捉える能力を身につけることができます。
Working Across Cultures
国際ビジネスに焦点を当て、各国のビジネススタイルやエチケット、国際的なビジネス交渉術や文化の違い等について学びます。なぜ海外駐在者が期待通りの成果を出すことができないのかを分析したり、ある製品を違う国へ輸出するビジネスプランをつくったりと、国際ビジネスを行う上での実践的能力を培うことができます。
Entrepreneurship, Innovation and Creativity
起業学の授業では、実際に1セメスター全てを使って自らのアイディアに基づいたビジネスプランを考え、最終的に架空の投資金を得る為のビジネスピッチとビジネスプランを提出することが最終課題です。担当教授は起業コンサルティングの経験が豊富で、起業に際するつまずき所、改良点、プラン力、そして、資金調達等の知識やアイディアを学ぶことができます。実際のビジネスピッチではクラスメイトと先生が審査員となり、小さなコンペティション等が行われます。
Professional InternshipⅠ&Ⅱ
大学での通常の授業の代わりに、週37.5時間のフルタイムの時間でインターンシップを16週間行います。インターンシップを行うには学校での審査があり、大学が自分の希望の職種や業界、会社の規模などを元に受け入れ先の会社を探してくれます。

MBA Internationalへの進学

MBA Internationalの概要と進学についてご案内致します。
コースMaster of Business Administration International(MBA International)
学費年間23,800ドル(約209万円)x 2年
条件学部を問わず学士号を修了していること。
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
TOEFL iBT84(各セクション17以上)
付属・提携語学学校で指定コースをパスすることにより、英語力条件を満たすこともできます。
オーストラリア留学センターでは、エディスコーワン大学の公式相談・出願窓口として、皆様の進学を無料でお手伝いしております。職歴不要のMBA Internationalにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりづらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
備考
※上記費用や入学基準等は、2016年12月7日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございます。
※大学・大学院の学費は授業の取り方によって変わりますので、掲載費用はご参考としてご覧ください。
※ご参考の日本円は1ドル=88円換算としております。

トップ8大学 国際バカロレア(IB)入学基準

日本でも注目を集めている国際バカロレア(International Baccalaureate:略してIB)資格。

国際バカロレア資格をお持ちであれば、ファウンデーション(大学準備コース)を経由しなくても、オーストラリアの大学へ直接入学を目指すことができます。

国際バカロレア資格での、オーストラリアの大学進学については、下記もご参照下さい。
「大学進学を国際バカロレア(IB)資格で!」
「大学進学までのステップ~国際バカロレア(IB)資格をお持ちの場合~」

オーストラリアのトップ8大学、Group of 8の、国際バカロレア入学基準をご紹介致します。

Forgan Smith Building II

オーストラリア国立大学

首都キャンベラにある、オーストラリアのトップ大学です。


コースIB入学基準
国際関係32
国際ビジネス31
開発学29
アジア太平洋学28
バイオテクノロジー30
心理学30

メルボルン大学

ビジネス系ではオーストラリアのトップを走り、卒業生の雇用者評価でも世界9位にランクされた名門大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系35
環境学31
開発学31
食品科学31
地理学31
口腔衛生学31

シドニー大学

1850年に設立された、オーストラリアで最も歴史と伝統がある名門大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系35
教育学29
環境学30
食品・農業ビジネス30
IT32
心理学37

クイーンズランド大学

QS世界大学ランキングでは43位に位置し、大学評価も5スターを獲得する大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系32
国際関係29
ホテル・ツーリズム27
建築35
看護31
バイオテクノロジー30

ニュー・サウス・ウェールズ大学

元々工科大学として設立され、特に理系分野での評価が高い大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系34
国際関係32
エンジニアリング(電気)34
ナノテクノロジー29
コンピューターサイエンス32
環境科学28

モナッシュ大学

オーストラリア内外の全キャンパスで5万人以上の学生が学ぶ大学で、特に、看護、医療、薬学、科学分野で強みを持つ大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系28
ジャーナリズム28
ヘルスサイエンス25
バイオメディカルサイエンス30
薬学33
食品科学26

西オーストラリア大学

リサーチ力に定評のある総合大学で、政府や企業と提携をして、活発に研究活動を行っている大学です。


コースIB入学基準
ビジネス系29
国際政治29
建築29
環境科学29
動物学29
地理学29

アデレード大学

5人のノーベル賞受賞者を輩出しており、特にヘルスサイエンスやエンジニアリングでは国際的評価も高い大学です。


国際ビジネス
コースIB入学基準
27
国際関係25
ヘルスサイエンス30
メカニカルエンジニアリング27
バイオテクノロジー27
サステイナブル・エナジー27


各大学6つのコースをご案内しましたが、各大学他にも色々となコースがあります。

国際バカロレア資格を取得し、オーストラリアの名門大学で学び、グローバルキャリアを目指してみませんか?

オーストラリアの大学進学についてさらに詳細情報をご希望の方は、こちらからお問合せ下さい。

*上記コースやIB入学基準は、2014年2月現在のものであり、予告なく変更されることもございますので、ご留意下さい。

大学進学を国際バカロレア(IB)資格で!

日本でもグローバル化対応として注目を集める、国際バカロレア(International Baccalaureate:略してIB)資格。

国際バカロレアは、年齢に応じて3つのプログラムがあります。
・3歳~12歳のPYP(Primary Years Programme)
・11歳~16歳のMYP(Middle Years Programme)
・16歳~19歳のDP(Diploma Programme)

日本では現在27の国際バカロレア認定校があり、そのうち大学入学資格であるディプロマを実施しているのは19校です。今後、国際バカロレア認定校を、200校まで増やそうといったアナウンスも政府から出されています。

オーストアリアの大学進学にも、国際バカロレア資格を使うことができます。
今回はオーストラリアの大学の国際バカロレア入学基準をご紹介します。

UWA

オーストラリアの大学進学


日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学へ進学する場合は、主に下記3つの方法があります。オーストラリアの大学進学方法詳細については、「オーストラリア大学進学無料サポート」及び「高校卒業後の大学進学スケジュール例」をご参照下さい。

①ファウンデーション経由
ファウンデーション(Foundation)は大学準備コースと呼ばれます。ファウンデーションを修了しますと、その成績によって大学本科コースへ進学することができます。

②ディプロマ経由
準学士号のディプロマ(Diploma)と呼ばれるコースを修了すると、大学1年の後半~2年に編入することができます。ディプロマからの編入は基準が設けられており、全ての大学や学部で、ディプロマからの編入ができるわけではありませんので、ご注意下さい。

③アソーシエート・ディグリー経由
アソーシエート・ディグリー(Associate Degree)は、大学3年編入が可能となるコースです。限られた一部の大学や学部でアソーシエート・ディグリーからの編入パスウェイが設定されています。

そして、国際バカロレア資格を持っていれば、ファウンデーションやディプロマ等を経由しなくても、直接大学入学を目指すことができます。


IMG_0274

クイーンズランド大学


オーストラリアトップ8大学の1つ、ブリスベンのクイーンズランド大学(University of Queensland)。クイーンズランド大学の各学部の国際バカロレア入学基準は下記のようになっています。


コースIB入学基準
国際関係29
ツーリズム&ホスピタリティ27
ビジネス30
看護31
教育27
科学30

西オーストラリア大学


パースにある、オーストラリアトップ8大学の1つ、西オーストラリア大学(University of Western Australia)。西オーストラリア大学の国際バカロレア入学基準は、下記のように設定されています。


コースIB入学基準
国際関係29
商学・ビジネス29
環境科学29
薬学29
エンジニアリング29
建築29

ウーロンゴン大学


シドニーから南西へ約70km、大学の評判や学生満足度の高い、ウーロンゴン大学でも国際バカロレアを入学基準として採用しています。


コースIB入学基準
国際関係28
商学・ビジネス28
教育28
看護28
エンジニアリング28
環境科学32


今回は一部の大学とコースの入学基準をご紹介しましたが、他にも国際バカロレア資格が使えるオーストラリアの大学やコースはあります。

国際バカロレア資格をお持ちの方、取得予定の方は、ぜひオーストラリアの大学にチャンレジして下さい!!

オーストラリアの大学進学に関してご興味のある方は、こちらからお問合せ下さい。


Lecture Room

*上記IB入学基準は、2014年2月現在のものであり、今後変更されることもございますので、ご留意下さい。

大学進学までのステップ~国際バカロレア(IB)資格をお持ちの場合~

日本でも注目を集めている国際バカロレア(International Baccalaureate:略してIB)資格。

世界各国の大学入学資格として認知されており、オーストラリアの大学でも、国際バカロレアを大学入学資格として認められています(「国際バカロレア(IB)資格で大学進学」ご参照)。

通常、日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学へ進学する場合は、ファウンデーション(大学準備)コースや、ディプロマ(準学士号)コースを経由して、大学本科コースに入学することになります(「高校卒業後の大学進学スケジュール例」ご参照)。

国際バカロレア資格を持っていれば、ファウンデーションやディプロマを経由しなくても、大学本科コースに直接入学をすることもできます。

オーストラリアの大学は、基本的に2月と7月入学が設定されており、学部によっては2月入学のみとなります。国際バカロレア資格をお持ちの場合、どのような大学進学日程となるのか、ご参考スケジュールをご紹介致します。


Forgan Smith Building II

7月入学の場合


7月入学が可能なコースの場合、ご準備日程は下記のようになります。

3月:大学へ出願IB結果や高校の卒業証明書等、出願に必要な書類を揃え、出願を行います。出願書類は大学や学部によって異なりますので、個別にお問合せ下さい。
4月~5月:大学から合否判定合否判定は1ヶ月以内に出る方もいれば、それ以上時間がかかる方もいます。
5月:学費のお支払い合格通知が出ましたら、学費のお支払いとなります。
5月~6月:渡航の準備学生ビザの申請、滞在先のお手配、航空券のお手配等、渡航に向けての準備を行います。特に学生ビザ申請は重要です。申請して大使館指定病院で健康診断を受け、早ければ2週間以内、遅ければ1ヶ月以上許可に時間がかかります(申請方法は弊社のほうからお知らせ致します)。
7月:ご出発ご到着後、大学のオリエンテーションを経て、大学開始となります。


2月入学の場合


2月入学の場合は、基本的な流れは7月入学と同じとなりますが、高校を卒業して翌年の入学となります。

約1年間時間が空いてしまいますので、コースによってはディプロマコースに入学等のアレンジも考えることができます。

9月:大学へ出願IB結果や高校の卒業証明書等、出願に必要な書類を揃え、出願を行います。出願時期をもっと早くすることもできますので、早めにご準備を進めたい場合はご相談下さい。
10月~11月:大学から合否判定合否判定は1ヶ月以内に出る方もいれば、それ以上時間がかかる方もいます。
11月:学費のお支払い合格通知が出ましたら、学費のお支払いとなります。
11月~1月:渡航の準備学生ビザの申請、滞在先のお手配、航空券のお手配等、渡航に向けての準備を行います。学生ビザの申請は、コース開始の124日前から可能となりますので、ご注意下さい
2月:ご出発ご到着後、大学のオリエンテーションを経て、大学開始となります。


5158-008

上記日程は目安であり、大学によって出願締切りや出願条件、大学の開始時期が等が異なります。

具体的な大学のご相談や出願方法、ご準備日程等は、こちらからお問合せ下さい。