3つのフレキシブルが魅力! 西オーストラリア大学スタディアブロード

パース、西オーストラリア大学のスタディアブロード

西オーストラリア大学(The University of Western Australia、通称UWA)は、オーストラリア8大学の一つ、100年の歴史を持つ名門大学。2005年にはピロリ菌の発見でノーベル賞を受賞したマーシャル教授が今も教える大学です。パースからバスで約15分。キャンパスはスワンリバーのヨットハーバーのすぐ隣にあり、生い茂る木々とレンガ造りのどっしりとした校舎が美しく、ここを歩くと「UWAで学びたい!」と思わせてくれる大学です。

地元オーストラリア人も入学を目指すUWAのスタディアブロードについてご案内いたしましょう!

西オーストラリア大学のおすすめ分野

▪︎政治学
国際政治や国際関連の基礎から学べ、人の移動、環境問題、国際法、核拡散、人権など、幅広い問題に関し、国際関係アナリストのように考え始めることができることを目指します。また、政治経済学、東アジアの政治、マスメディアと政治、ジェンダーと政治の関連性を学ぶ科目もあり、政治学の中でも幅広い分野から選択が可能です。
多くの政治家、著名人を輩出している西オーストラリア大学ならではのおすすめ分野でしょう。現駐日オーストラリア大使のリチャード・コート、前駐米オーストラリア大使のキム・ビーズリーも西オーストラリア大学出身です。

▪︎農業科学
西オーストラリア大学の農業科学はオーストラリアでもトップレベル。Agricultural and Resource Economicsの分野ではオーストラリア1位にランキングされており、プラント、アニマルバイオロジーの基礎からしっかり学べます。牧草・家畜、土壌などの科目は、パース近郊のクローリーキャンパス(UWAのメインキャンパス)とパースから車で南へ約5時間、アルバニーキャンパスでも開講されているため、1学期目はアルバニーキャンパスで、2学期目はパースキャンパスで、と環境を変えて留学生活を送ることも可能です。
もともと西オーストラリア州は第一次産業が盛んで、パースから2時間も車を走らせれば、広大なファームが延々と続くほど。西オーストラリア大学も、2050年までに今より50%多くの人々に、環境をこれ以上破壊せず、食糧を供給するプロジェクトを進めているファーム(1580ヘクタール!)を持っています。

UWAデータ

西オーストラリア大学の強い分野 農業科学、マリンサイエンス、植物学、動物学、政治学、国際関係学、ビジネス、英文学など
入学英語基準 IELTS6.5(各バンド6.0以上)※例外あり
大学で取れる科目数 1学期に3科目か4科目
1学期授業料
(2018年度)
1学期に3科目:10,275ドル
1学期に4科目:13,700ドル
付属英語学校 本科キャンパスからバスで約10分のクレアモントに西オーストラリア大学付属語学学校、CELTがあり、ブリッジングコースからIELTS無しで進学が可能です
こんな方に向いています 積極的に自分から様々なことにチャレンジできる方。名門大学で学びたい方。将来様々な分野を担っていく人材になる学生たちと有益なネットワークを構築したい方
一言メモ 3つのフレキシブルが可能!①IELTSが6.0でも英文学の授業を1学期2科目取ることで入学可能!②学期ごとにキャンパス変更可能!③違う学部を超えて幅広い分野から科目選択可能!

UWAの3つのフレキシブル

①IELTSが6.0でも英文学の授業を1学期2科目取ることで入学可能!
西オーストラリア大学スタディアブロード入学には、IELTS6.5以上の英語力が必要ですが、英文学系の科目を2単位 最初に取ることにより、IELTS6.0以上で入学できるという嬉しいシステムもあり、意外と入学しやすいのが特徴です。

②学期ごとにキャンパス変更可能!
西オーストラリア大学のキャンパスはメインのクローリーキャンパスとアルバニーキャンパスがあります。(アルバニーについてはこちらのスタッフブログをご覧ください)

パースから5時間の南の街、アルバニーキャンパスで開講されているのは、コマース、サイエンス、アーツ分野、マネージメント、マーケティング、環境科学、マリンサイエンス、農業科学、植物学など。

西オーストラリア州の州都パースと、のどかなアルバニー。全く違う2つの街を半年ずつ楽しめる休学留学が体験できます。

③違う学部を超えて幅広い分野から科目選択可能!
西オーストラリア大学は総合大学で、サイエンス、人文学、コマース、医学、工学と幅広い科目を開講しています。日本で自分の専攻は経済だけど、将来はアジアのビジネスにも興味がある、という場合、コマースからもアジア学からも科目をとることができます。

■西オーストラリア大学スタディアブロードプラン例(IELTS5.5の場合)
【夏出発】英語力IELTS5.5(各セクション5.0)の場合
1学期目(8月~翌年2月)付属英語学校20週間
学費:10,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(2月〜6月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
付属英語学校20週+スタディアブロード学費合計
24,170ドル(別途大学の教材費がかかります)
■西オーストラリア大学スタディアブロードプラン例(IELTS6.0の場合)
【春出発】英語力IELTS6.0(各セクション5.5)の場合
1学期目(4月〜6月)付属英語学校10週間
学費:5,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(7月〜12月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
【秋出発】英語力IELTS6.0(各セクション5.5)の場合
1学期目(10月〜12月)付属英語学校10週間
学費:5,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(2月〜6月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
付属英語学校10週+スタディアブロード学費合計
19,170ドル(別途大学の教材費がかかります)
※英語力がIELTS6.5(各セクション6.0)で、UWAの学期日程とタイミングが合う方は、1学期、あるいは2学期間スタディアブロードのみ受講することも出来ます。

※パースのスタディアブロードに関しては、こちらもあわせてご覧下さい。
パースのスタディアブロードがおすすめな理由

※西オーストラリア大学のスタディアブロード体験談はこちら!
西オーストラリア大学で英米文化を学ぶ
西オーストラリア大学で認定留学!
「人との出会いで自分が変わる」休学留学体験談

オーストラリア留学センターは現地無料エージェントです

東京の他、パース、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレードにオフィスを持つ現地エージェント。だからこそ、各都市の学校といつも密に連絡を取っており、最新の情報を無料でお届けしています。

渡航前から渡航後、留学期間中まで、しっかりカウンセリング、サポートを行えるオーストラリア専門の留学エージェント。パース留学に関するお問い合わせは、メールでお気軽にお問い合わせください


お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりづらいこともございます。その場合はお手数ではございますが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
●上記情報は2018年2月2日時点での情報となり、予告無く変更されることがあります。ご了承下さい。
●スタディアブロードプログラムでは大学のすべての科目が選択できる訳ではなく、限られた科目から選択が可能となっております。ご了承下さい。
●科目選択、入学基準などは、西オーストラリア大学の規定により決定します。
●スタディアブロードプログラムではオーストラリアの大学卒業資格は得られません。

農学・環境学を学ぶならパースの大学

美しくユニークな自然環境に魅せられる方も多い、西オーストラリア州。

西オーストラリア州には西オーストラリア大学(the University of Western Australia)をはじめ、カーティン大学(Curtin University)、マードック大学(Murdoch University)、エディス・コーワン大学(Edith Cowan University)といった大学があり、それぞれ特色のある教育を提供しています。

西オーストラリア州は、その地理的条件もあり、農学や環境学の研究が活発に行われています。オーストラリアの国際的な研究力を評価している、the Australian Research Council(ARC)のレポートで、西オーストラリアの各大学が農学や環境学の分野で世界水準以上の評価を受けています。

※ARCのレポートは5段階評価となっており、「3」が世界水準相当の研究力となります。

農学・環境学系コース紹介

西オーストラリア大学オーストラリアのトップ8大学の1つである、西オーストラリア大学は、環境学、地球科学、農学各分野で高い評価を受けています。特に、環境科学、環境マネジメント、エコロジー、土壌に関する分野で最高ランクの「5」を獲得しています。
環境学(学士号)西オーストラリア大学の環境学系コースは、「Bachelor of Environmental Science」で学ぶことができます。こちらのコースでは、気候変動、土壌の活用、森林、エネルギー等包括的なアプローチを取っており、2年次に、バイオロジーと地球科学の2つの専門から選ぶことができます。
環境学(修士号)大学院では「Master of Environmental Science」の開講があり、環境マネジメント、土壌・水のマネジメント、海洋・沿岸マネジメント、地理情報と環境マネジメントの4つの分野から専門分野を決めることができます。
カーティン大学特にアジア方面での知名度が高いカーティン大学はでは、環境マネジメント、地球科学、農学といった分野で世界水準を超える評価を受けており、地質学や作物の生産といった分野では「5」を獲得しています。
地質学(学士号)カーティン大学の地質学(Bachelor of Science – Geophysics)では、地球科学について学ぶことができます。地球の活動を計測する最新の機器やソフトウェアを使いながら、地下資源や地下水の発見や開発、そして資源利用についての知識と技術を深めることができます。
環境学(修士号)修士号コースでは、特に乾燥地域の農業について学べるユニークなコース「Master of Science(Dryland Agricultural System) 」の開講があります。乾燥地帯での最新の農業技術と、持続可能な環境マネジメントについての研究を深めることできます。
マードック大学オーストラリアで一番広い敷地面積を持ち、キャンパス内に牧場もある自然豊かなマードック大学は、獣医学といえばマードック大学と言われるほど、獣医分野に強みを持つ大学です。獣医学の他、環境学や農学系分野では世界水準である「3」以上の評価を受けています。
アニマルサイエンス
アニマルヘルス(学士号)
マードック大学で動物について学ぶ場合は、アニマルサイエンスやアニマルヘルス(Bachelor of Animal Science/Animal Health)のコースが開講されています。獣医学部(Veterinary Science)は入学基準が非常に高く入学が難しいのですが、獣医学よりも入学しやすいアニマルヘルスから獣医学部への編入の道も開かれています。
食の安全(修士号)マードック大学では、食の安全について学ぶことができるユニークなコース、「Master of Food Security」が開講されています。作物の輸出大国であるオーストラリアで食の安全について学ぶメリットは大きく、将来の世界の食糧事情について考察を深めることができます。Master of Food Securityについては、「食の安全を学ぶ マードック大学」もご覧下さい。
エディス・コーワン大学エディス・コーワン大学は比較的新しい大学で、実践的な教育に力を入れています。エコロジーや環境マネジメントの分野でそれぞれ「4」、「5」と国際水準よりも高い評価を受けています。
サステイナビリティー(学士号)エディス・コーワン大学の環境学系コースの中に、人間の社会活動と持続可能性を学ぶ「Bachelor of Sustainability」のコースが開講されています。こちらのコースでは、持続可能性について、コミュニティ、人文社会学的、ビジネス、環境学、都市開発の5つの専門から選ぶことができます。
環境マネジメント(修士号)エディス・コーワン大学の大学院では「Master of Science – Environmental Management by Research」のリサーチコースが開講されています。通常リサーチコースでは何かしらの研究のバックグラウンドが必要となりますが、こちらのコースは大学卒業の学歴でも入学を目指すことができるので、日本の大学卒業後、ご自身のご興味分野の研究を深めたい方にお勧めです。

パースの大学・大学院進学

オーストラリア留学センターでは、西オーストラリア大学、カーティン大学、マードック大学、エディス・コーワン大学の日本の公式出願窓口として、皆様の進学をお手伝いしております。こちら「パースの大学・大学院進学ならオーストラリア留学センター」もご覧下さい。

大学・大学院への進学は、皆様のバックグラウンドによって進学方法が変わります。

パースの大学・大学院進学にご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

※携帯電話のメールをご利用の場合は、セキュリティ設定の関係でメールが届かないこともございますので、パソコンからのメールを受信できるように設定をお願い致します。

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりづらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。

海草と地球温暖化の関係-西オーストラリア大学

オーストラリアは海に囲まれた自然豊かな国で、大学では環境学や海洋学の研究も盛んに行われています。

この度、西オーストラリア大学(the University of Western Australia)のUWA Oceans Instituteを含む国際研究グループが、海草が地球温暖化防止に役立つ、という研究結果を、Journal of Ecologyに発表しました。

この研究は、西オーストラリア州南側の都市、アルバニーのオイスターハーバーで行われました。オイスターハーバーは、1960年代から海草が失われていきましたが、1994年以降の復旧プロジェクトにより、世界で最も海草の回復に成功した場所として知られています。

海草の消失は2つの問題を招くと、主筆のNúria Marbà教授(the Mediterranean Institute for Advanced Studies)は述べています。

海草は世界的規模でのカーボンシンクとしての役割を果たしており、人間の活動によって排出される二酸化炭素量を緩和してくれます。海草の消失は、カーボンシンクとしての海草の役割を破壊してしまいます。

また、海草は過去何世紀にもわたり二酸化炭素を蓄えており、海草の消滅によって蓄えられた二酸化炭素が大気中に排出されてしまうという問題もあります。

研究レポートは、二酸化炭素の吸収と保管をしてくれる海草は、地球温暖化防止に役立つため、積極的にその保護と回復を進めるべきであると、結論づけています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参照元:UWA University News on 10 Feb 2015 “Seagrass loss linked to greeenhouse gas emissions

西オーストラリア大学のコース

今回の共同研究に参加している西オーストラリア大学は、オーストラリアのトップ8大学の1つで、国内外から高い評価を受ける大学です。特にサイエンス系の評価が高く、環境や動植物、海洋学研究も盛んで、下記コースが開講されています。

【大学のコース】
Botany – 植物学
Conservation Biology – 保全生物学
Environmental Science – 環境学
Marine Science – 海洋科学
Natural Resource Management – 自然資源管理
Zoology – 動物学


【大学院のコース】
Environmental Management – 環境マネジメント
Conservation Biology – 保全生物学
Marine Biology – 海洋生物学
Marine and Coastal Management – 海洋沿岸マネジメント
Zoology – 動物学

20140810 UWA  (3)

西オーストラリア大学への進学

西オーストラリア大学への進学方法はいくつかあり、ご自身のバックグラウンドに応じて進路を考えることができます。

日本の高校を卒業した場合は、一般的にはファウンデーションコースと呼ばれる大学準備コースを経由して進学をします。国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの場合は、大学本科へ直接入学を目指すこともできます。

ビジネス系コースや一部サイエンス系のコースでは、ディプロマと呼ばれる準学士号コースから、大学2年の編入を目指すこともできます。

大学院への進学は、学歴や職歴等の入学基準が定められており、コースの入学条件に合うかどうか確認をして出願をします。

世界トップ水準を行く、西オーストラリア大学の環境学・海洋学コースにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
20140810 UWA  (4)