オーストラリアで学ぶキャビンアテンダントコース

メルボルン市内地にキャンパスを構えるウィリアム・アングリス・インスティチュートは、旅行、ホスピタリティー、観光、飲食業界関連のコースを提供している政府教育機関(TAFE)です。同学にて、2018年からCA(キャビンアテンダント/客室乗務員)を目指す方への第1歩としてお勧めのCabin Crewコースが始まりました。

ウィリアム・アングリスが選ばれる理由

同学はオーストラリアで歴史のある州立の専門学校(TAFE)でその歴史は75年以上となります。

オーストラリアには全豪中にTAFE(州立の専門学校)がありますが、そのほとんどが「総合専門学校」で、ビジネスから医療まで幅広い分野を学ぶことが出来ます。

その中でウィリアムアングリスは、『旅行、ホスピタリティー、観光、飲食』に特化した珍しい専門学校で、この学問分野における評価は非常に高く、地元企業との繋がりも深く、留学生・現地学生共にに人気です。

開講されているコースの学位も幅広く、基礎のサーティフィケートから、ディプロマ、アドバンス・ディプロマ、学士課程まで、自身の希望に合わせてどこのレベルまで勉強するのかを選ぶことが出来ます(最短半年〜最長4年まで)。

Aviation (Cabin Crew)コース概要

Certificate III in Aviation (Cabin Crew)コースはCAとして航空会社での就職を目指す6ヶ月間のコースです。

実際のキャビンアテンダントが研修中に受けるトレーニングプログラムのガイドラインに沿って組まれたカリキュラムとなっており、航空会社で勤務経験のある知識豊富な講師によって指導されます。

このコースでは、CAとして必要不可欠とされる8つのモジュールをトレーニングプログラムに沿って習得します。その8つのトレーニングモジュールは下記のとおりです。
1. Aviation Safety and Security航空の安全と安心の知識
2. Airline Operations and Documentation航空会社におけるサービス、構成そしてドキュメンテーションの知識
3. Passenger Services乗客サービスの理解
4. Emergency Procedures緊急時の対処方法の取得
5. In-Flight Service and Development機内サービスと向上
6. Aviation Major Services and Destinations渡航地のアドバイスと知識
7. First Aid応急処置の対処
8. Responsible Service of Alcoholアルコールの取扱いとサービス

コース修了後、以下の証書が授与されます。
・Certificate III in Aviation (Cabin Crew)
・RSA (Responsible Service of Alcohol) Certificate
・Apply First Aid Certificate
・Emergency procedure assessment experience in a 737 Aircraft
・Exclusive Achievement Certificate(成績優秀者のみ)

Aviation (Cabin Crew)コースの学費と入学条件(2019年)

都市メルボルン
コースCertificate III in Aviation (Cabin Crew)
入学 2月/7月
期間6ヶ月
授業料9,200ドル
授業料に含まれるもの・個人サイズに合わせた制服
・2時間の水上脱出トレーニング
・ニュージーランドへの5日間の研修旅行費
入学条件(英語)IELTS5.5以上(各5.0以上)
入学条件(学力)高校卒業以上
入学条件(その他)・リーチテスト(つま先立ちして手を伸ばした状態で測るテスト)で2.3M以上を越える方 *まずはご相談下さい
・泳げること
・日常の身だしなみが整っていること
・ニュージーランドへビザ無しで入国が認められる国籍をお持ちの方(日本国籍はOK)

ホスピタリティーを組み合わせて学ぶ

上述のとおり、Certificate III in Aviation (Cabin Crew)コースはあくまでキャビンアテンダントとしての実務のみを学ぶ6ヶ月間の短期コースとなりますので、『接客』部分においては別途ホスピタリティーコースを組み合わせて学ぶことになります。

1. Certificateを取得するコース(計1年)

6ヶ月間のCabin Crewコース修了後、6ヶ月間のCertificate III in Hospitalityコースでカスタマーサービス(接客)や職場の安全と衛生管理など飲食業を含めたホスピタリティーの基礎を学びます。
Certificate III in Aviation (Cabin Crew)コース
6ヶ月間/学費9,200ドル(約74万円)
     +
Certificate III in Hospitalityコース
6ヶ月間/学費7,900ドル(約74万円)
合計1年/学費17,100ドル(約137万円)

2. Diplomaを取得するコース(計1年半)

6ヶ月間のCabin Crewコース修了後、上記Certificate III in Hospitalityコースの内容に加え、オペレーションや人事、法律に関する知識、サービスの質の向上など、マネージャー(管理職)に就くための理論と実務を学びます。
Certificate III in Aviation (Cabin Crew)コース
6ヶ月間/学費9,200ドル(約74万円)
     +
Diploma of Hospitalityコース
1年間/学費15,800ドル(約126万円)
合計1年半/学費25,000ドル(約200万円)

3. Advanced Diplomaを取得するコース(計2年)

6ヶ月間のCabin Crewコース修了後、上記Certificate III in HospitalityコースとDiploma of Hospitalityコースの内容に加え、事業計画、資金の運用、ファイナンス、人事、マーケティングなどを学び、卒業後のキャリアの幅を大きく広げます。
Certificate III in Aviation (Cabin Crew)コース
6ヶ月間/学費9,200ドル(約74万円)
     +
Advanced Diploma of Hospitalityコース
1年半/学費23,700ドル(約190万円)
合計1年半/学費32,900ドル(約264万円)

留学のお問い合わせはこちら

2019年2月現在、CAコースが開講されているのは全豪でウィリアムアングリスを含む2校のみです。上記のとおりホスピタリティーコースと組み合わせて学ぶことでCAへの第1歩にもなりますし、また、ホスピタリティー業界全般でのキャリアの幅を広げることが出来ます。
キャビンアテンダントを含め、ホスピタリティー関連のキャリアをお考えの方は、お問い合わせフォームからご相談をお待ちしております。
※※備考※※
・本記事は2019年2月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準や学費等は変更されることもございますのでご留意ください。
・ご参考の日本円は1ドル=80円換算としております。