カーティン大学で目指す理学療法士

スポーツ大国のオーストラリアは、理学療法士の需要が大きく、オーストラリアの町を歩いていると、「Physiotherapy Clinic」をよく見かけます。

理学療法士としての職務範囲も日本よりも大きく、オーストラリアの理学療法士は、理学療法士自身が患者の診断をすることができ、また、開業をすることもできます。

ヘルスサイエンス系分野に強いカーティン大学は、理学療法コースにも定評があり、日本人留学生もオーストラリアで理学療法士を目指すべくがんばっています。

カーティン大学の理学療法コースで学ぶ日本人留学生の体験談もありますので、「オーストラリアで理学療法士を目指す!」もご覧下さい。
Hakui

カーティン大学理学療法コースへの進学

日本の高校を卒業して、カーティン大学の理学療法コースを目指すには、ディプロマコースから大学2年編入のルートを使うことができます。

コースDiploma of Health Sciences Stage 2
期間1年
費用32,720ドル(約285万円)
条件IELTS6.5(各セクション6.0以上)
高校の成績4以上
※英語力・成績が不足している場合は、「State 1」に入学をする進路もあります。
 ↓大学2年編入

コースBachelor of Science – Physiotherapy
期間3年
費用年間39,025ドル(約339万円) x 3年
条件Diploma of Health Sciences Stage 2をパスすること
※日本ですでに理学療法士の免許を持っており職務経験もある方は、大学1年の単位免除で、大学2年から直接入学を目指すこともできます(単位免除がどのくらいとなるかは、大学の査定次第となります)。

※国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)資格をお持ちの方は、ディプロマからの編入ではなく大学直接入学を目指すこともできます。

カーティン大学のご相談

オーストラリア留学センターでは、カーティン大学の日本の公式出願窓口として、皆様の進学を無料でお手伝いしております。こちら「パースの大学・大学院進学ならオーストラリア留学センター」もご覧下さい。

大学への進学は、皆様のバックグラウンドによってその方法が変わります。

カーティン大学理学療法コースにご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

※携帯電話のメールをご利用の場合は、セキュリティ設定の関係でメールが届かないこともございますので、パソコンからのメールを受信できるように設定をお願い致します。

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりずらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
curtin open campus 2015 (10)