小中高生の留学について

問合せ激増の小中高留学

当社は、語学学校、TAFE/専門学校、大学、大学院留学をはじめとした、オーストラリア全土の教育機関へ入学のお手伝いをさせていただいておりますが、その中で問合せが激増している分野の一つが、この「小中高留学」です。前年比でお伝えすることはできませんが、実際留学をされた方からのご紹介などで、ほぼ毎日のように相談を頂くようになりました。

小中高留学について、当社にご相談頂く方々の立場は、実に多岐にわたります。
  • 早い段階からの英語習得をさせたい
  • 英語習得だけでなく、早い段階からの海外生活を経験させたい
  • 現状の日本の状況に不満や不安を感じている。
  • 将来の夢を実現するために、この時期の留学が必要
  • 日本の学校がどうしても合わない
  • 不登校になってしまったため、立ち直るキッカケが欲しい
  • 夏休みの間だけ、数週間だが現地の子供たちと遊ぶ環境を作ってあげたい

などです。

その反面、「オーストラリアにいけば、子供が英語を覚えて帰ってくる。英語塾に行かせる必要もない」という、安易な考えのもと準備を進めているご家族も少なくありません。未成年の留学生活は、決して楽しいことだけではなく、辛い事も経験することになります。その中で、海外生活という場も含め、「壁を乗り越える経験」ができるからこそ、人として成長できますし、この小中高留学の魅力があると当社では考えています。

一番必要なのは、家族のサポート

まず、お伝えしたいことは、未成年の方が留学する上で何より必要なのは"サポート"です。こちらのページをご覧頂いている方の中には、留学生本人、留学生のご家族、留学生のお友達など、今まで日本でも留学される本人と、なんらかのかたちで関わってきた方達だと思います。

その中で、未成年の留学はご家族のサポートがあってこそ成り立ちます。もちろん、金銭面もその一つですが、留学される本人と定期的に連絡を取り合うことにより、留学が成功することは多々あります。電話、Skypeなど、最近は海外留学をする上でWEBサービスが充実してきましたから、ご家族も積極的に利用し、留学生と連絡を密にとり話をしてください。

送る側としては「決して安い留学費用ではないのだから、しっかり結果を出して欲しい」と、つい過度の期待をいだいてしまうかもしれませんが、留学前に「今回の留学の目的は何か?」という点をしっかり話し合うことができていれば、その明確な目標に向かって進むことが出来ます。

留学を検討されているご家族それぞれが、この"目的"をしっかり把握できていれば、将来「留学させて良かった」と思えます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2019年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら