ワーキングホリデーでも通える専門学校

ワーキングホリデービザでも何か資格を取得して日本に帰りたい、

履歴書に書ける勉強をしたい、

という方にお勧めは、ズバリ「専門学校」です。

英語学校との大きな違いは、

英語で英語じゃない科目を勉強する

そして

オーストラリア人学生がクラスにいることもある

ということです。

英語学校には、各国から英語を学びに来る留学生が勉強していますが、専門学校では、各スキルを学びたいオーストラリア人学生も在籍している学校がかなりあります。
そのため、クラスメートがオーストラリア人、ということも。

専門的な勉強は長期なんでしょ?と思われる方もたくさんいらっしゃいますが、実はワーキングホリデービザでも通える短期専門コースがあります。

そんな将来に役立つ短期専門コースをご紹介しましょう。

ホスピタリティ


West Coast Institute of Training

接客業を学ぶホスピタリティコースは、パースは1年以上の長期コースが殆どですが、こちらの学校にはワーキングホリデービザで通える短期コースがあります。
将来ホテルやレストランで働きたい方にお勧めのコース。

Empyrean Education Institute(EEI)
Certificate II in Hospitality 14週間
入学金:230ドル
学費:2150ドル
教材費:120ドル

ビジネス


勉強したことが幅広く仕事に活かせる分野がビジネス。
大学を休学してワーキングホリデーに来ている方には特にお勧めのビジネスの基礎を学べるコースです。

Stanly College
Certificate II in Business 13週間
入学金:230ドル
学費:1900ドル(現在キャンペーン中。2013年6月30日までにお申し込み&お支払いの方は通常2300ドルが1900ドルとなります)
教材費:150ドル

Sterling Business College
Certificate III in Business Administration 10週間
入学金:230ドル
学費:2400ドル
教材費:55ドル

Sterling Business College
Certificate III in Business 10週間
入学金:230ドル
学費:2400ドル
教材費:55ドル

C07046_Sterling_027

ツーリズム


将来旅行業に携わりたい方にぴったりなのがこのコース。
旅行業の基礎が学べるコースです。

Sterling Business College
Certificate II in Tourism 10週間
入学金:230ドル
学費:2400ドル
教材費:55ドル

Sterling Business College

保育・福祉関連


日本でもオーストラリアでも仕事が見つけやすい保育・福祉関連。
こちらも基礎を学びたい方に向いています。

Sterling Business College
Certificate II in Community Services (保育) 10週間
入学金:230ドル
学費:2400ドル
教材費:55ドル


Sterling Business College
Certificate II in Community Services 10週間
入学金:230ドル
学費:2400ドル
教材費:55ドル

Sterling Business College


ワーキングホリデービザでもオーストラリアの専門学校卒業資格を取得できる短期専門コース留学。
人と違うワーキングホリデーを体験したい方にお勧めです!


大学のビジネス/コマースコース進学方法

「英語が話せる」だけでは太刀打ちできないグローバル社会に、いよいよ日本も突入しようとしています。
これからは、「英語で何ができるのか」という時代。英語力+アルファが必須ですが、このアルファがお稽古留学程度では
もう「お遊び留学」としかみられません。
政治、経済共に国際化が必須の日本で、海外の大学に進学し、グローバルに活躍したいという人が増えていますが、
パースの大学では、英語力、専門知識だけでなく、コミュニケーション力、交渉力、プログラム推進力も培える貴重な留学が体験できます。
大学進学がちょっと気になる方に、ビジネス/コマースコースにフォーカスして大学情報をご提供致しましょう!

UWA

ビジネス/コマースコースについて


ビジネス、あるいはコマースは利益を得る、あるいはビジネス方法を向上させる目的で人々、組織、そしてそのアクティビティを管理することを学ぶものです。
身につけられる主なスキルには、ビジネス専門知識の他、対人コミュニケーションスキル、批判的思考法と、問題解決スキル、ビジネス上での交渉力、効果的なコラボレーションとタイムマネージメントスキルがあります。
この対人コミュニケーションスキル、批判的思考法、問題解決スキルという分野は、実は日本人の最も苦手とするところでしょう。小学校の頃から周りと一緒が正しいという教育の中で育ってきた日本人にとって、自分と全く違う人たちと、ゴールを目指さなくてはいけないということは、あまり学ばなくてもいいことだからです。しかし、現代のビジネス社会ではとっくに英語という枠を超えた思考部分でさえ、日本人の域を超えなくてはいけない時代になってきました。そのためのスキルを学ぶことができます。

Curtin IC


ビジネス/コマース進学方法

パースの大学に入学するにも日本の受験戦争のような勉強が必要なのではないかと考えている方に、ビジネス/コマースコース入学方法についてご案内致します。
大学進学方法は日本での学歴により異なります。

①日本で高校3年卒業資格を保持している場合
成績により、大学1年と同等のDiplomaコースで就学、無事卒業した場合、Diploma コースより
大学2年に編入する方法があります。

■各大学付属専門学校からの編入
Diploma of Business/Commerce(8ヶ月or1年)+大学Bachelor of Business/Commerce2年間

Curtin College → Curtin University
PIBT → Edith Cowan University
Murdoch Institute of Technology → Murdoch University
Taylors College → The University of Western Australia
Canning College → The University of Western Australia、Curtin University、Edith Cowan University、Murdoch University
TAFE → Curtin University/Edith Cowan University/Murdoch University

必要書類:高校卒業証書・成績証明書の英語版、英語力証明

この進学方法ですと、万が一1年終了時にDiplomaの資格がもらえるため、DiplomaとBachelor(学士)の2種類の資格を保持することが出来ます。

ECU_ERI

②日本で大学1年修了以上の学歴がある場合
パースの各大学1年目に入学可能です。

必要書類:大学の成績証明書、卒業している場合は卒業証書の英語版、英語力証明

■英語力証明が無い場合
英語力証明(IELTSやTOEFLなど)が無い場合、各大学の付属語学学校の英語学校から
IELTSやTOEFLなどのスコア無しで進学できます。

*全ての大学の入学の可否は、出願後の大学側の査定次第となり、上記必要書類を提出しても許可されない場合もございます。

オーストラリアのビジネス/コマースコースでは、大学の施設もどんどん改装されており、学生の共有スペース、図書館には、グループワークのためのコーナーが設けられており、グループワークがスムーズにできるような、個室、オープンスペースがたくさん設置されています。

Science Library (18)

日本の大学に進学するか、海外の大学に進学するか、その選択次第で、活躍できる場所が大きく異なります。
日本従来のビジネス方法では、世界に生き残れないことは明白。それなら、険しい山が目前に多々そびえるかもしれないけれど、是非チャレンジして欲しいオーストラリアでの大学進学です。