世界で住みやすい街ランキングで、第2位に選ばれました!!

Economist Intelligence Unit’s annual surveyでは、毎年、世界で住みやすい街ランキングを実施しています。
世界140都市を対象に、生活の安定性、医療水準、文化、環境、教育、経済基盤を参考に、各都市の暮らしやすさを計ります。
例年オーストラリアの各都市、特に、ビクトリア州メルボルンはTOP3に選ばれますが、今年はカナダのバンクーバーと競り合い、第2位におさまりました。
シドニーは第7位、パース、アデレードは共に8位と、上位10位内に!!
オーストラリアから3都市も選ばれるという輝かしい栄光を今回収めることができました。
このことから分かるように、オーストラリアは世界的にみても、非常に、住みやすく、その生活基盤の高さ、住み心地の快適さは各国の人々を魅了し、オーストラリアへ住みたいと望む人々が毎年後を絶えません。
調べによると、バンクーバーは2010年の冬季オリンピック、パラリンピックでの華やかな成功が人々に強い印象を与え、一躍人気の都市として注目され、見事第一位を獲得したとされています。
世界で2番目に住みやすいと評判のメルボルン。
ぜひ、一度、遊びにいらしてはいかがですか。もちろん、留学都市としても最適な環境です!!