サザンクロス大学の新しいビルディングに潜入!

サザンクロス大学はリズモア、コフスハーバー、ゴールドコーストにキャンパスを構える大学です。(シドニー&メルボルンにもビジネススクールがあります)
ゴールドコーストキャンパスは一番新しく、ゴールドコースト最南端・クーランガッタというエリアに位置し、ゴールドコースト国際空港に隣接する形となっています。

元々ビル2棟で構成された小さいキャンパスでしたが、今回新しいビルの工事が完成し、より多くの学生が快適に学ぶことができる環境が整いました!

今回はオープンデイで新しく完成したbuildingCへ訪問してきました♪
BuildingCは6階建。1〜2階が図書館とシアター(大講義室)、3階がSCU Collegeで英語やディプロマ向け、4~5階がスタッフ向けで、6階が法学部のフロアとなっています。留学生の方は英語やディプロマで学ぶ方も多いと思うので、新しいビルで学べるのは最高ですね!(クラスによっては他のビルで学ぶこともあります)
シアターは3つのビルの中で一番大きなサイズで、卒業式など大きなイベントもここのエリアを使われてます。
ライブラリーの入り口。
すでにお気づきの方もいるかもしれませんが、このビルのテーマは”ビーチ!”壁の映像もそうですし、水色を貴重にしたビーチらしい家具も素敵です♪
ちなみにこのカーペットは”砂浜に打ち寄せる波”をイメージしたデザインなのですが、素材はフィリピンの海で集められた不要になったフィッシュネット(魚網)をリサイクルして作られたということです。このビル全体も環境を破壊しないように密に計算をして建設されたそうで、自然を大切にしているオーストラリアらしいなぁと思いました。

新しいビル内には、様々なスタイルの勉強スペースが用意されていました。どこで勉強をするか、選ぶのも楽しいですね!

そしてサザンクロス大学のゴールドコーストキャンパスといえば、これ!
オーシャンビューの教室♪この景色は他のビルからも眺めることが出来ますが、大学のビルから海を眺めることができるのは、オーストラリアでも珍しい!ここから見える海は”Kirra Beach”といって、ゴールドコーストの中でも特別美しいと言われるビーチなんですよ!

サザンクロス大学のゴールドコーストキャンパスは他の大学と比較するとコンパクトサイズですが、全てが新しく綺麗なのでとても快適に学生生活を送っていただくことが出来ます。またBuildingCの完成によって、”大学のキャンパス感”がグッと増していました。日本ではまだまだ知名度が低いかもしれませんが、オーストラリアで費用を抑えて確実に学位を取得したい!という方にはお勧めの大学です。

大学の詳細ページはこちら
人気の学部についてはこちら

サザンクロスに関するお問い合わせはこちらからどうぞ!