メルボルンでCertificate of Proficiency in English (CPE)を取得!!

1月に「ディスカバー・イングリッシュ」にて、メルボルンで初のCPE向けケンブリッジ検定試験対策準備コースが開講されます。
10_Cambridge-courses-that-will-fast-tract-your-English21
今までメルボルンでは、ケンブリッジ検定試験対策準備コースとしてFirst Certificate in English (FCE)、Certificate in Advanced English(CAE)のコースはいくつかの学校で開講されていて、現在人気コースとなっていますが、Certificate of Proficiency in English (CPE)の開講は初めての試みとなります!!

CPEってどんなレベルなの?

ケンブリッジ英語検定は、KET,PET,FCE,CAE,CPEの5レベルに分かれていて、CPEはその中の最上級レベルとなります。
Certificate of Proficiency in English (CPE)はTOEICで約990点、TOEFLで約670点レベルとなり、ネイティブレベルの英語能力があるかどうかを測定する検定となります。また英語圏の大学で、入学時に必要な英語力の証明として採用している他、世界各国の各機関で認められている資格となります。
難しさのレベルで言うと、相当高いレベルにはなります。ですが資格有効期限はありませんので、合格されましたら一生涯に渡ってネイティブレベルの英語力があると証明ができますので、英語力が高くなった方が最終的に目指される最終目標の資格と言えます。
IELTS

開講される学校はどんな学校?

1_Learning-English-is-Fun-at-Discover-English
ディスカバー・イングリッシュにて開講されます。ディスカバー・イングリッシュは2010年に開設された、比較的メルボルンでは新しい学校ですが、この4年で知名度も上がり人数が増え、在籍は全体数約300人にもなる人気校になっています。ケンブリッジ検定試験対策準備コースにも力をいれていて、FCEとCAEに関しては年に四回開講(1月、3月、6月、9月)しています。また、日本人のスタッフが2人いますので、きめ細かいサポートも人気の秘密です。2013年度には「 Victorian International Education Awards(ビクトリア州国際教育アワード)」の生徒サポートの高い評価を得た結果「Student Experience部門」でノミネート校の一校となりました。
5_strongstudentfocus1
また今年度(2014年度)は、「ケンブリッジ大学英語検定機構」が世界的に教育機関に対して行ったアワード「Cambridge English Language Assessment Awards」にもノミネートされていますので、今後の評価が期待される学校の一つです。

コースに関して

開講日2014年1月5日
終了日2014年3月6日
試験日2014年3月7日
授業時間/週25時間(20時間のCPE授業+5時間のエクストラ授業)
クラス人数4人から8人
入学英語条件アイエルツにて全セクション7.0以上、もしくはCAE資格保持者(スコア67以上)
*2015年度の1月以降の開講は現在調節中ですが、9月を予定しています。

集中して勉強が出来るように、少人数制となっています。またCPEコースは入学に求められる英語力が非常に高く、現在はヨーロッパの学生のみとなるようです(2014年11月現在)。 日本人でもまだ取得している方はほとんどいない資格となりますので、是非英語を極めるという意味で最終的に目指してみませんか?

費用や、英語力診断、学校詳細については当社までお問合せくださいね。
お問い合わせはこちらから

大人気校『アビリティー』にてケンブリッジ対策セミナーが開講されます!!

メルボルン、シドニーにキャンパスをもつ『アビリティー・イングリッシュ』のメルボルンキャンパスでは、3月19日よりケンブリッジ検定対策コースが開講されます。
ability

コース開講に伴い、3月6日に、メルボルンキャンパスにてケンブリッジセミナーを行います。セミナーの内容は以下のとおりです。

セミナー開催日

日時:2013年3月6日(水曜日) 15時15分

セミナースケジュール

■3時15分より  無料のトライアルクラス
(実際のケンブリッジコースの講師のもと授業が行われます)

■3時50分より 質疑応答
(ケンブリッジ試験ってどんな試験? この機会に、たくさん質問しましょう)

■4時より 無料のプレイスメントテスト→テスト結果の報告
(コースに入るのに必要な英語力があるかの査定テストを無料で受けることが出来ます!)

セミナー開催場所

Melbourne City Campus
Level 3, 55 Swanston St, 3000

ケンブリッジ FCE・CAEプロモーション価格

現在、3月の開講に伴い、アビリティーではスペシャルプロモーションを実施中です。

12週間パッケージ 
授業料:4,080ドル→3,000ドル
(その他、教材費、入学金、テスト費用等が別途必要です)
*現在12週のコースが10週のお値段で受講できます!
*通常340ドル・週がいまなら300ドルで受講可能です!
スペシャルプロモーションは、9月15日までの予定です。

学校や試験詳細について

 
アビリティーってどんな学校?はこちらから↓
アビリティー学校詳細

ケンブリッジ検定って何? はこちらから↓
Cambridge Examination(ケンブリッジ検定試験)とは?


現在、日本でも認知度の高まっている『ケンブリッジ検定試験』、数に限りのあるコースですので、セミナーやコースに興味のある方は以下まで、お問い合わせください!
お問い合わせはこちらから

3月開講ケンブリッジ検定コース、残席わずか!

GEC_CMYK_MED口コミやリピータ率で入学制限もあるグリニッジ・イングリッシュ・カレッジの2013年3月スタート、ケンブリッジ検定対策コースの残席が僅かとなりました!
受講を検討されていらっしゃる方は、お早めにお問い合わせ下さい。

ケンブリッジ検定とは


英語力証明として、130ヶ国以上で実施されており、年間300万人以上が受験するケンブリッジ英語検定。日本では知名度がTOEICには劣りますが、ケンブリッジ検定は世界で広く認知されていますので、使える英語力の証明、外資や英語を使った仕事を希望する方には英語力をアピールするのに有力な資格です。また、TOEICのように有効期限がないので、一生履歴書に書き続ける事が出来る資格です。

オーストラリアではヨーロッパからの生徒さんが多く受験するため、「文法はある程度分かっているけれど、口から英語が出てこない」という日本人の生徒さんは、ケンブリッジ検定対策コースの受講をワーホリや留学の最終目標として設定する方が多くいます。



グリニッジカレッジのケンブリッジ検定対策コースで学ぶ事


・日常生活の英語に焦点を当てた内容
・英文法をどのように使うか
・英語の語順
・様々なライティング方法(手紙、メール、レポート、メモ、レビュー、エッセイ、記事など)
・文章の言い換え
・テストでポイントを取るためのテクニック

つまり、ケンブリッジ検定対策コースは、英語の基礎を徹底的に再確認し、「日常生活で困らない使える英語を身につけられるコース」なのです。



ケンブリッジ検定対策コースの種類


多くの生徒さんが最初の目標にあげるFCEレベル、仕事で英語を駆使できる上級レベルのCAE,上記の2レベル以外にも、入門レベルのPETが開講されているのがグリニッジの特徴です!

PETの入学レベルは中級、FCEは中上級、CAEは上級となります。2013年1月スタートは、PETが1クラス、FCEは3クラス、CAEは2クラス開講されています。



グリニッジカレッジのケンブリッジ検定対策コース


スタート日:PET 2013年4月1日、6月24日、9月16日(全て12週間)
      FCE 2013年3月25日、7月8日、9月30日(9月のみ11週間、その他は12週間)
      CAE 2013年4月1日、7月1日、9月23日(9月のみ11週間、その他は12週間)
入学英語レベル:PET(IELTS4.5)、FCE(IELTS5.5)、CAE(IELTS6.5)相当

〈コース費用/2013年3月までにお申し込みのスペシャル適用の場合〉

入学金:200ドル(学生ビザ)/100ドル(ワーキングホリデービザ)
教材費:80ドル(10週間)/96ドル(12週間)
授業料:モーニング:3465ドル(11週間)/3720ドル(12週間)
イブニング*:2420ドル(11週間)/2640ドル(12週間)

*イブニングクラスは週20時間となります。
*ケンブリッジ試験受験費用は別途250ドルが必要です。


いかがでしょうか?
ワーホリ終盤、自分の英語力をブラッシュアップして帰りたい方、英語に自信をつけたい方、総合英語力のアップを目指したい方は是非チャレンジしてみて下さい!

入学テストは無料で受験できますので、ご希望の方は日程をお問い合わせ下さい。

更にパワーアップ!ELSのアカデミックイヤープログラム

大学休学、長期留学、進学を目指される方に人気のELSユニバーサルイングリッシュカレッジのアカデミック・イヤー・プログラム。
「グローバル人材を目指す方のためのグローバルプラン」として、これから長期留学をお考えの方に、スペシャルキャンペーンが発表となりました!
また、2013年度からアカデミック・イヤー・プログラムではさらにサポートが充実します!

IMG_1422IMG_1420

アカデミック・イヤー・プログラムキャンペーン


■アカデミック・イヤー・プラス(51週間)
プログラム費用 $14,720 → $14,220 $500(約43000円) ディスカント!

■アカデミック・イヤー(39週間)

プログラム費用 $11,055 →$10,555 $500(約43000円)ディスカウント!

■アカデミック・セメスター(27週間)

プログラム費用 $7,935 →$7,735 $200(約17000円)ディスカウント! 

*2013年6月30日までに新規お申し込み&お支払いの方が対象です

「スタディプランニングサポート」


アカデミックイヤープログラムは、在学中に英語力の伸びに併せて、受講するコースを決定出来るのが大きなポイント。
そこで、プログラムをスタート後、最初の4週間の間に、日本人スタッフと一緒に個人個人の目標に併せて学習プランニングをサポートしてもらえます!
それ以降も各コース終了のタイミングなどで面談をして、コース変更やインターンシップ参加についてのアドバイスももらう事ができます。

「在豪日本人による懇談会」


シドニーに在住しているの日本人社会人による懇談会を定期的に開催!
日系企業も多数進出しているオーストラリアのビジネス拠点、シドニーにはすでに国際的な舞台で活躍し ている日本人社会人が多く在住しています。
実際に海外で活躍中の社会人の先輩を招待して懇談会が行われるので、 休学留学の方などは帰国後の就職活動やキャリアプランニングに役立てることが出来ます。

ELSユニバーサルイグリッシュカレッジはどんな学校?


DSC04629DSC04631
ELSユニバーサルイングリッシュカレッジでは大学や専門学校進学の際に必ず必要となる、英語力証明IELTSのスコアを免除で進学が出来る、ダイレクトエントリーの提携を結んでいる専門学校・大学が多数。
ダイレクトエントリーでの進学を目指して真剣に英語力アップに取り組む長期留学生が多く学んでいます。

中級レベルまでは日本をはじめとするアジア圏からの学生も多めですが、中級レベル以上からはヨーロッパからの学生がぐっと増えてきます。
またELSを選ばれて就学される学生さんは国籍よりも授業や教師の質などを重要視しまじめに英語学習に取り組んでいます。

ELSのアカデミックイヤープログラムから大学院進学へ


ELSのアカデミックイヤープログラムを経て、IELTS免除のダイレクトエントリーで大学院進学を果たした生徒さんをご紹介します。

photo (19)
平野 義明くん 
アデミックイヤープラスで学ばれた義明くん。
一般英語コースからスタートして進学準備英語コースAEからダイレクトエントリーで、ウーロンゴン大学のMaster of Scinece (Logistics) へ進学。
2月からのセカンドセメスターに向け、届いたテキストを受け取りに先日オフィスに来てくれました。ホリデー期間中にこの分厚いテキストを読んで予習しておくそうです。

インタビュー記事はこちら
http://www.aswho.com/wollongong_yoshiaki_interview

義明君のELSアカデミックイヤーでのステップをご紹介します!

▼一般英語コース
Upper Elementary(初級の上)4週間

Lower Intermediate(中級の下)4週間

Intermediate(中級)4週間

▼進学準備英語コース
AE 3 8週間

AE 4 8週間 
*AE4でAレベルの成績を修めてウーロンゴン大学へのダイレクトエントリー条件クリア!!

▼ケンブリッジ英語検定
FCE 10週間

▼一般英語コース

Advanced Level(上級)8週間

▼ELS卒業後、2012年7月からウーロンゴン大学スタート

義明くんは、最初は一般英語コースの初級レベルからスタート。在学中に順調にレベルアップをして進学準備英語コース(AE)へ変更。AE3そしてAE4と各レベルを8週と最短で修了してダイレクトエントリー条件の成績をクリアして行きました!

アカデミックイヤープログラムは在学中、開講されているコースの中からに目的・ニーズに合ったプログラム選択し組み合わせることが出来るので、長期留学でも意識を高く学んで行ける環境が整っています。

大学休学留学、将来オーストラリアで進学したい、社会人の方のキャリアアップ・キャリアチェンジ、などなど、長期期留学をお考えのかた、コース詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。

PassiveをActiveにしよう!ケンブリッジ英語検定試験に挑戦してみませんか?

先日、グリニッジカレッジのエージェントセミナーへ行ってきました。

IMG_0403

今回のセミナーテーマは、「ケンブリッジ英語検定試験」


英語力証明として、130ヶ国以上で実施されている年間300万人以上が受験する権威ある試験であるケンブリッジ英語検定。
日本では英語の試験と言えばTOEICか英検ですが、ケンブリッジ検定は世界で最も広く認知されているおり、生涯にわたる世界標準の英語の証明をする事が出来る資格です。

今回のセミナーは、ケンブリッジ試験官、IELTS試験官でもあるケンブリッジ、IELTSを知り尽くした同校のDirector of Study(DOS)のRoxyによるプレゼンテーションでした。

IMG_0406 DOSのRoxyとマーケティングスタッフのMioさん


ケンブリッジ英語検定準備コースのポイントは

  • テスト結果は一生涯有効
  • テスト対策のみでない(テストでポイントを取るためのトリックを学ぶだけではない)
  • 日常生活の英語にフォーカス
  • グラマーに特化(グラマーをどのように使うか)
  • Synax(単語の順番)
  • 様々なライティングタスク(手紙、メール、レポート、メモ、レビュー、エッセイ、アーティクルなどなど)
  • Paraphrase(単語の言い換え)
  • 英語の基礎力を鍛えることが出来る
  • ケンブリッジ英語検定は、世界中で認められている英語力証明

PassiveからActiveへ、バランスよく英語を伸ばす!  


生徒さんからよく聞くのが、「相手が言っていることは理解できるのですが同じように自分の口から話せないんです」。。。

Passive

  • 意味は分かるけど、自分が話すときには使ったことがない、自分からパッとは使えない。
  • 学校のテキストや本を読んだり、DVDやテレビを見ていて、単語の意味は分かるけど、自分ではその単語をつかって文章を書いたり、話したりできない。
  • 英語での会話で相手の言っていることは分かるけど、自分からは会話の中で使って言えない。。。というような単語。
  • 自分ではうまく文章にできず、相手から受け取るだけしかできない単語やフレーズがPassive単語/フレーズ。

Active

  • 逆にActiveは、具体的にはその単語を使って、自分から文章を発信できる単語。
  • 会話において自分で単語やフレーズを組み立ててパッと口から出せるのはActive単語/フレーズ。

つまり、「相手が言っていることは理解るのに、自分では話せない」というのは単語やフレーズの意味は知っているのでPassiveだけど、自分から瞬時に話せない、つまりActiveではないという状態です。

中学校、高校、大学で英語を学んで単語力もある、文法も得意!だけどこれらを使いこなせず、スピーキングは苦手というのは日本人の傾向と言えます。ケンブリッジ検定準備コースはこの受けとるPassiveを自分自身で口に出していけるActicveにするバランスよい英語力を身に付けることが出来るコースです。

グリニッジカレッジ ケンブリッジ英語検定準備コース


10週/12週の集中コースで、「ケンブリッジ検定試験の合格!」という最終目標に向かってクラスメートも一丸となり学生のモチベーションも高くなります。

グリニッジカレッジのケンブリッジ検定対策コースはベーシックレベルのPET、一番人気のFCE、もっともハイレベルなCAEの3レベルで開講されていますので、FCE受講レベルには少し届かないけれども、日常生活における英語を集中してバランスよく鍛えたい!という方は、ケンブリッジPETに挑戦してみてはいかがでしょう。

コースレベル:PET、FCE、CAE
スタート日:2012年9月24日、12月31日、2013年4月1日、6月24日
コース期間:10週間または12週間(開校日によって異なります)
入学英語レベル:PET(IELTS4.5)、FCE(IELTS5.5)、CAE(IELTS6.5)相当

コース費用:
入学金 200ドル(学生ビザ)/100ドル(ワーキングホリデービザ)
教材費 80ドル(10週間)/96ドル(12週間)
授業料 モーニング:3500ドル(10週間)/4200ドル(12週間)
     イブニング:3000ドル(10週間)/3600ドル(12週間)
※現在期間限定キャンペーン実施中


ケンブリッジ英語検定準備コースは開校日も限られ、また定員制限がありますのでお早めの英語レベルチェックテスト(無料)がお勧めです。レベルチェックテストを受けてみたい方、ケンブリッジに興味があるけどどのレベルが自分にあっているか分からない方、お気軽にお問い合せ下さい。


ケンブリッジ検定対策コース限定キャンペーン

シドニーとメルボルンにキャンパスを持つアビリティイングリッシュより3月19日開始のケンブリッジ英語検定対策コースの限定キャンペーンのご案内です。

ケンブリッジ検定とは?

キャンペーン対象

3月19日開始のケンブリッジ英検対策コース シドニー&メルボルンキャンパス


FCEコース費用 シドニーキャンパス


入学金 100ドル (学生ビザ 200ドル)
授業料 3200ドル
教材費 110ドル
FCE試験料 362ドル
合計 3772ドル (通常よりも640ドルお得!)


FCEコース費用 メルボルンキャンパス


入学金 100ドル (学生ビザ 200ドル)
授業料 2900ドル
教材費 110ドル
FCE試験料 362ドル
合計 3472ドル(通常よりも580ドルお得!)


FCEコース参加英語力

FCEコース参加には、中上級の英語力が必要です。英語力証明のない方は、両キャンパスのFCEコースエントリーテストを無料で受けることが出来ます!日本からでも受験可能です!
ケンブリッジ英検コースは、席が限られますので、お早めにお問合せください。

日本人率2%!IH Sydneyより最新国籍割合

日本人率 2%!
オーストラリア最大規模のUniversity of Cambridge Local Examinations Syndicate (UCLES)
公認トレーニングセンター、International House Sydney (Teacher Training and Professional Centre ) から最新国籍割合が届きました。
同校は、一般英語コースを初めIELTS、 ケンブリッジFCE、CAE、Certificate IV in TESOL、 CELTA、TECSOL(J-Shine)などが開講されています。
特に英語教師養成コースの Certificate IV in TESOL や CELTA は人気で、この2つのコースは現地の
オーストラリア人も英語教師資格のために通学しています。
日本人率が低い学校をお探しの方、または英語コース以外にも、英語教師養成コースをご検討中の方に
お勧めです。
★Top 6 Countries
Italy: 18%
Thailand: 15%
Korea: 12%
Brazil: 11%
Colombia: 11%
Poland: 7%
★Regional Percentages
Asia: 35%
Europe: 33%
Latin America: 30%
Turkey & Middle East: 1%
IH Sydney(TTPC)の最新奨学金情報はコチラからご確認ください。