CTICのコースをご紹介!

「ネイティブに通じる英語」=リアルイングリッシュで人気のキャストレーニングインターナショナルカレッジ(CTIC)。日本人は5%前後と、まだまだ穴場のCTICの各コースをご案内します。

20121129_192927

一般英語コース


初心者から上中級レベルまで、4つのレベルに分かれています。一つのレベルは12週間ごととなっておりますが、5週ごとに行われるレベルテストで75%以上を取れば、上のクラスにあがる事が出来ます。
クラスで使うテキストは一般のテキストにプラスして、オンラインなどの題材を使いながら勉強をしていきます。
一般英語のクラスでは、毎週テーマを決めてそれに沿って学んでいきます。これはそれぞれのテーマによって使う英語も変わってくるので、様々なタイプの英語を身につけるために行われています。

それぞれのレベルで学ぶレベルは下記となります。

■初級クラス
アルファベットの勉強から、簡単な英語の形を学びます。シンプルな会話が出来る様になります。

■初中級クラス
動詞の時制を中心に、沢山のグラマーを学びます。

■中級クラス
様々なストーリーが話せるようグラマー、単語力のアップを引き続き行います。双方向での会話が出来る様になります。

■上中級クラス
グラマーは既に学び終えていますが、自信を持ってスピーチなどが出来ない方向けのクラスです。ネイティブスピーカーとの会話についていけるよう、ライティング・リーディング・リスニング・スピークング・ボキャブラリーをより詳しく勉強していきます。英語に自信を持てるようにします。


一番人気!リアルイングリッシュコース


一般英語を終了した生徒さん向けに、実際の生活でより通じる英語を学ぶクラスで、年齢、国籍ともに学校で一番層の厚いクラスです。このクラスでは、発音やグラマーなども毎回訂正点を教えてくれたり、毎日起こりえるシチュエーションを使ってグラマーの練習をしたりするので、積極的にクラスに参加しています。みんなが楽しんで参加をしているので毎日一番うるさいクラスとしても評判です!

クラスの紹介はこちらをご覧下さい。



進学準備英語コース

進学をする人向けのアカデミックスキルを磨くコースです。12週間ごとの入学日となっているため途中でクラスメートが変わらず、みんなで同じ目標に向かって頑張れます。


IELTSコース

試験官の資格をもつ先生からIELTSのスコアをあげる為のスキルを習います。基本的にはアカデミックIELTSの勉強をしますが、ライティングやリーディングなどの個別練習問題では、各個人の必要なモジュールで勉強をします。


CTICの特徴

一般英語、リアルイングリッシュを通して、アクティブティーチング(Active Teaching)を行っているので、退屈になる事なく一日5時間学ぶ事が出来るのがCTICの自慢。
このアクティブティーチングとは、通常のテキスト以外にオンラインでYoutubeを見たり新聞の記事を見たり、様々な材料を使って勉強をします。


様々なサポート


CTICは中規模の学校で、先生やスタッフもとてもアットホーム。生徒たちのそれぞれの目標に向かってしっかりサポートをしてくれます。
また、留学中はいろいろな問題も出てくる事から、カウンセラーの方にも来て頂いています。毎週木曜日にはカウンセラーの方が来てくださるので、そこで相談にのってもらう事もできます。

また、たまには勉強から離れて楽しみたいと言う生徒さんにも評判の良い、4週間ごとのパブナイト。先生や生徒、スタッフの方々が参加してみんな楽しく過ごしているようです!



大学の進学を目指す方やIELTSを希望する方でも、コースの前後にリアルイングリッシュでスピーキング力をのばしたり、英語力のある程度ある方でも十分いろいろな事が学べる学校です。

費用は通学の期間やビザによって異なりますので、最新のキャンペーンはこちらでご確認下さい。

日本からのレベルチェックも受ける事が出来ますので、この学校が気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

CTICの通じる会話コース〜Real English!

ある程度英語の基礎をしっかり学んだ生徒さん向けに、『通じる英会話』を中心としたクラスを開催しているCass Training International College(CTIC)。オリジナルのテキストを使って、個性を活かした英会話を学びます。

リアルイングリッシュ授業内容



リアルイングリッシュでは、下記に重点を置いて授業が進められます。

①英語でリサーチやみんなの前で話をする事が出来るよう、プレゼンテーションスキルをつける
自信を持って話をする事が出来るようになると、声も大きくなりコミュニケーションが取れる様になります!

②スピーキンググラマーを学ぶ
スピーキンググラマーに特化したCTICオリジナルの特別なテキストを使います。ここでは会話で使う文法と会話における使い方を、実際の会話例文でおさらいします。テキスト内には文法を使う際のポイントも含まれています。

IMG_0621
③アクセントを学ぶ
ネイティブでない第2言語の私たちがアメリカンイングリッシュやオージーイングリッシュを無理に話そうとするのではなく、自然だけれどしっかり相手に理解してもらえる発音を学んで行きます。

④ボキャブラリーを増やす
オリジナルテキストではオージースラングなども含まれ、覚える為のトリビアやクイズをクラスに多く取り入れています。このトリビアやクイズはクラスの中でも人気のアクティビティでとても盛り上がります。

⑤実生活の中のリスニング/ライティング
実生活で必ず使うリスニング、ライティングについて練習をします。電話での聞き取り、メモを取る方法、ホテルでの英語、オフィスでの英語、旅行などに使う聞き取り・書き取りを学びます。

⑥仕事場でのコミュニケーションについても学ぶ
ある程度の英語力がついている生徒さんはお仕事で英語を使う事も多くなります。お仕事での英語は丁寧である事が重要ですので、カジュアルな英語ではなく仕事場でも失礼のない英語を学びます。

それ以外にも他校では見られない工夫が沢山ある、リアルイングリッシュ。授業中に自分で考えたストーリーでアニメを作ったりする事もあります。



タイムテーブル・テスト


モーニングクラスは週4日/午前8時45分〜午後2時30分、イブニングコースは週5日/午後4時〜午後8時30分まで。
一日の授業は3コマに分かれているので、1つのテーマに対して、1時間目はグラマー、2時間目はライティング、3時間目はスピーキング&発音などと時間ごとに学ぶ内容が変わります。(イブニングコースは2コマとなります。)

タイムテーブル
モーニングは週25時間、イブニングは週20時間です。



トータル12週間のコースとなりますが、各モジュールは毎週スタートとなるので、どの週からスタートしても問題ありません。

また、このクラスは上級のクラスとなりレベルアップがない為、一般英語コースのようなレベルアップテストはありません。ただし、毎週学んだ内容のチェックとして簡単なテストをしたり、プレゼンテーションで誰が一番良かったかなどが評価となります。



名物先生、Dr. Kumar


独特の雰囲気をもつアイバン先生は、ウーロンゴン大学の博士号を持つ先生で英語のテキストやコミュニケーションについての本を執筆する傍ら、英語の先生としても活躍しており、現在はCTICでリアルイングリッシュコースの先生として働いています。

IMG_0622
実際にアイバン先生のクラスを受けた生徒さんからは楽しいと評判で、一度終了した生徒さんが先生の授業を受けたくて戻ってこられる事もあるそうです。

先生の授業を受けた生徒さんのプレゼンテーションを聞くと、自信を持って丁寧に話している事や発音がネイティブと一緒ではないけれど、はっきりと聞きやすい英語である事がよくわかります。また、生徒さんからは、一般の英語が話せるだけでは厳しいオージーとの会話も、クラスではスラングなども含めて学ぶ事が出来るので、以前よりも会話が分かりやすくなって嬉しいとの感想もありました。


入学条件・学費


上中級レベル以上、もしくは学校のテストをパスした方(モーニングコース)
中級レベル以上、もしくは学校のテストをパスした方(イブニングコース)

モーニングは1〜5週までのお申し込みで週350ドル→週270ドル、6週間以上で週230ドル。
イブニングは1〜5週までのお申し込みで週350ドル→週270ドル、6週間以上で週230ドル。


20121129_192615
現在はヨーロッパの生徒さんや南米の生徒さんが多いCTIC。多国籍な環境で、通じる英語を楽しく学びたいと考えている方にはお勧めの一校です。
体験レッスンのアレンジやリアルイングリッシュのレベルチェックテストもアレンジする事が出来ますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

CTICの通じる会話コース〜Real Englishコース

ある程度英語の基礎をしっかり学んだ生徒さん向けに、『通じる英会話』を中心としたクラスを開催しているCass Training International College(CTIC)。オリジナルのテキストを使って、個性を活かした英会話を学びます。

リアルイングリッシュ授業内容



リアルイングリッシュでは、下記に重点を置いて授業が進められます。

①英語でリサーチやみんなの前で話をする事が出来るよう、プレゼンテーションスキルをつける
自信を持って話をする事が出来るようになると、声も大きくなりコミュニケーションが取れる様になります!

②スピーキンググラマーを学ぶ
スピーキンググラマーに特化したCTICオリジナルの特別なテキストを使います。ここでは会話で使う文法と会話における使い方を、実際の会話例文でおさらいします。テキスト内には文法を使う際のポイントも含まれています。

IMG_0621

③アクセントを学ぶ
ネイティブでない第2言語の私たちがアメリカンイングリッシュやオージーイングリッシュを無理に話そうとするのではなく、自然だけれどしっかり相手に理解してもらえる発音を学んで行きます。

④ボキャブラリーを増やす
オリジナルテキストではオージースラングなども含まれ、覚える為のトリビアやクイズをクラスに多く取り入れています。このトリビアやクイズはクラスの中でも人気のアクティビティでとても盛り上がります。

⑤実生活の中のリスニング/ライティング
実生活で必ず使うリスニング、ライティングについて練習をします。電話での聞き取り、メモを取る方法、ホテルでの英語、オフィスでの英語、旅行などに使う聞き取り・書き取りを学びます。

⑥仕事場でのコミュニケーションについても学ぶ
ある程度の英語力がついている生徒さんはお仕事で英語を使う事も多くなります。お仕事での英語は丁寧である事が重要ですので、カジュアルな英語ではなく仕事場でも失礼のない英語を学びます。

それ以外にも他校では見られない工夫が沢山ある、リアルイングリッシュ。授業中に自分で考えたストーリーでアニメを作ったりする事もあります。


タイムテーブル・テスト


モーニングクラスは週4日/午前8時45分〜午後2時30分、イブニングコースは週5日/午後4時〜午後8時30分まで。
一日の授業は3コマに分かれているので、1つのテーマに対して、1時間目はグラマー、2時間目はライティング、3時間目はスピーキング&発音などと時間ごとに学ぶ内容が変わります。(イブニングコースは2コマとなります。)

タイムテーブル
モーニングは週25時間、イブニングは週20時間です。




トータル12週間のコースとなりますが、各モジュールは毎週スタートとなるので、どの週からスタートしても問題ありません。

また、このクラスは上級のクラスとなりレベルアップがない為、一般英語コースのようなレベルアップテストはありません。ただし、毎週学んだ内容のチェックとして簡単なテストをしたり、プレゼンテーションで誰が一番良かったかなどが評価となります。


名物先生、Dr. Kumar


独特の雰囲気をもつアイバン先生は、ウーロンゴン大学の博士号を持つ先生で英語のテキストやコミュニケーションについての本を執筆する傍ら、英語の先生としても活躍しており、現在はCTICでリアルイングリッシュコースの先生として働いています。

IMG_0622

実際にアイバン先生のクラスを受けた生徒さんからは楽しいと評判で、一度終了した生徒さんが先生の授業を受けたくて戻ってこられる事もあるそうです。

先生の授業を受けた生徒さんのプレゼンテーションを聞くと、自信を持って丁寧に話している事や発音がネイティブと一緒ではないけれど、はっきりと聞きやすい英語である事がよくわかります。また、生徒さんからは、一般の英語が話せるだけでは厳しいオージーとの会話も、クラスではスラングなども含めて学ぶ事が出来るので、以前よりも会話が分かりやすくなって嬉しいとの感想もありました。

入学条件・学費


上中級レベル以上、もしくは学校のテストをパスした方(モーニングコース)
中級レベル以上、もしくは学校のテストをパスした方(イブニングコース)

モーニングは1〜5週までのお申し込みで週350ドル→週270ドル、6週間以上で週230ドル。
イブニングは1〜5週までのお申し込みで週350ドル→週270ドル、6週間以上で週230ドル。


20121129_192615

現在はヨーロッパの生徒さんや南米の生徒さんが多いCTIC。多国籍な環境で、通じる英語を楽しく学びたいと考えている方にはお勧めの一校です。
体験レッスンのアレンジやリアルイングリッシュのレベルチェックテストもアレンジする事が出来ますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。