日本語教師アシスタント現場レポート

なかなか日本ではできない経験として多くの生徒さんが参加されております日本語教師アシスタントですが、実際に何をやっているのだろうとイメージがわかない方も多いのではないかと思います。

まず他民族国家であるオーストラリアでは LOTEと呼ばれる第二外国語教育が定着しています。多くの小学校・高校で、「Japanese」も外国語の授業として取り入れられています。
メルボルンの学校は、第二外国語の授業を小学1年生から始める学校がほとんどで、日本語を学んでいる学生はたくさんいます。また、バイリンガル教育に熱心なスクールも幾つかあり、日本語の授業だけでなく、そのほかの一般教科(数学・社会など)を日本語で教えるという徹底した学校 もあります。もちろんこれは日本人学校というわけではなく、オーストラリア人向けの学校で、このような教育が行われているところもあります。

そこで、実際に日本語教師アシスタントとして現地のカレッジに在籍している生徒さんを見学しに行ってきました!
IMG_1349IMG_1350
場所はメルボルン市街地からほど近いセントキルダにあるカレッジで、比較的建物も新しく奇麗な学校です。
IMG_1378IMG_1375

そして今回見学させてもらう裕さんに会いに、職員室へ。裕さんはとてもリラックスした雰囲気で授業構成の最終確認をされている様でしたが、彼は幼稚園生から高校3年生まで教えており、「毎回の教材作りは大変だけど楽しい」との事。今回は中学校1年生の授業を見させてくれるそうで教材も見せてもらいましたが、思っていたより日本語のレベルが高くてビックリ!
IMG_1352IMG_1351

そして授業、裕さんは日本で数学の教師免許を取得されており、今回は日本語&数学の授業をしている様です。
IMG_1358IMG_1369

生徒たちも裕さんの事を「センセイ」と呼んでいて、慕っている様子。最初の頃は生徒さんの言っている事が早口すぎてあまり理解出来ないんです、、、、と悩んでいた裕さんですが、私が見に行った際には生徒さんと冗談を言い合ったり、楽しそうにされている裕さんを見て一安心、やはり現地の人々とふれあう事で英語力も凄く伸びるんだなと関心してしまいました。

弊社ではご自身の英語力、スキル、またご希望をお伺いし、それぞれに合った学校をご紹介させていただきます。もし挑戦してみよう!とお考えの方は是非ご連絡下さいね!

日本語教師アシスタント、体験談!

池田 美恵さんの日本語教師アシスタント体験談
自分自身第二ヶ国語を習得するにあたって苦労しているのでオーストラリアの人はどうやって勉強しているのか、またすでに英語が母国語のオーストラリアの子供たちがなぜ日本語学を選択しているのかすごく興味があり、日本語教師アシスタントのボランティアに参加してみようと思ったのがきっかけです。
MsEmiIkeda.JPG今回の体験を通して、オーストラリアの子供たちが日本に対してどのようなイメージを持っているかを知ることができ、私が当たり前だとおもっていたことが彼らには新鮮で、すばらしい伝統的な日本文化だと認識されていることを知ることができました。そして、自分自身も改めて日本文化のすばらしさを知ることができました。そして、それらの文化を日本国代表として、子供たちに伝えることがだんだんと私の誇りと自信につながっていきました。そして、もっと英語を勉強して子供たちに日本のことを知ってもらいたいと思うようになりました。つまり、これが私の英語力習得への学習意欲につながり、私が彼らの勉強の手助けするつもりが、すっかり私が彼らからやる気をもらう結果となりました。
終わりに近づくとちらほら生徒が構内で私に会うと名前を呼んでくれるようになり、すごく嬉しかったのを覚えています。
日本語授業の担当教師は日本人の方だったので、わからないことなどは日本語で聞くことができました。というのも、子供たちは日本語授業を選択しているとはいえ、日本語で十分な会話ができるほどではなかったので、生徒の質問などに答えたり、話したりするには英語力が必要でした。きちんと把握しなくてはいけないことは担当教師に日本語で聞くことができ、それ以外は、子供たちには英語を使ってコミュニケーションを取ることになるため、とてもいい環境でした。
ほかの科目のオーストラリア人教師の方々もとても親切&フレンドリーで、休み時間にはいろいろな話をすることができました。英語学校や留学生活では、オージーと話す機会が少なかったので、とても貴重な時間を過ごせました。
日本語教師アシスタントの業務内容は、主に、日本語授業の準備としてプリントをコピーし、アクティビティーで使う道具の準備(ロールプレイのゲーム、習字セットなど)、後片付け、授業についていけてない生徒の質問に答えたり、発音をお手本として聞かせたり、会話の練習の相手になったりと、休む時間もないくらいのスケジュールでした。放課後には教師の方々と、次はどんな授業内容にするかという話し合いにも参加させて頂きました。また、私に「1時間授業を任せたい」ともおっしゃって頂きました。
日本語教師アシスタントの経験を通して、普段の留学生活では得られないようなものを体験することができました。
まずは、オーストラリアの教育現場を実際に見て、日本の教育と比較して考えることで、自分の勉強方法を見直すことができました。子供をどうやって育てるのか教育方針が日本とオーストラリアでは真逆のように感じました。
そして、いままでは日本語で英語を教わってきたので今回はその逆、英語で日本語を教えることを体験することで、私にとってこれは英語の意味を日本語で確認するということになり、なぜかすんなりいろんな単語を覚えることができました。生徒の使っている日本語の教科書はすごく興味深く、英語を勉強中の私にとっては、また違った英語の教科書となりました。そのほか、生徒からは教科書からは学ぶことができない生きた英語(Broken English)をたくさん知ることができました。特に私は、学校環境に恵まれていたと思います。ただし、私の場合、もともと英語力がそれほど得意ではなかったので、もっと英語力があれば生徒たちともっともっと仲良くなれただろうと思います。また、教師の方々がとても親切で協力的な方ばかりでした。
とても素敵な受入れ先の学校を紹介して頂いて、ほんとうにオーストラリア留学センターには感謝しています。
かけがえのない経験をさせていただきました。ありがとうございました。