ビザ申請の注意点

Student Visa 1ビザはオーストラリアに入国する際、必ず必要なものであり、ビザを保持せずにオーストラリアに入国することはいかなる理由があっても、認められません。

当社では、毎日多くの留学生から、オーストラリア留学に関するご質問を頂いています。

そんな中、ご自身でビザ申請を行なった留学生から、下記の質問を多く頂くようになりました。

もう、数日後に入学予定のコースが始まるのですが、いまだに移民局よりビザが届かないのです。このままではオーストラリアに入国できないのですが、どうすればよいでしょうか?

コース開始日までに、ビザの発給が間に合わない理由はいくつかあります。ただ、ビザ発給の遅れによって、授業開始日に間に合わない場合でも、語学学校を含めた、オーストラリアの各教育機関は、一切の責任を負ってはくれません。つまり、ビザ申請は最大の注意を払い、一つ一つ確実に準備を進める必要があります。

特に、大学やTAFEなど、予め入学日が決められている教育機関は、コース開始日にスタートできないとなると、次の入学日からスタートしなければなりません。つまり、半年後や1年後に出発をずらさなくてはならないのです。これではせっかくの留学プランも台無しです。

ですから、ビザ申請は申請時期によって、きちんと取得できるよう準備を進める必要があります。しっかり準備を進めていれば取得できるビザも、忘れてはいけない"ビザ申請のポイント"を理解していないと、大変なことになりますから、ご注意ください。

なぜ出発までにビザが取得できないのでしょう?

出発までにビザが取得できなかった留学生の方達は、必ずと言っていいほど、下記のいずれかに当てはまります。

  1. 学校からCOEがなかなか届かなかったが、学校側へ確認を行なわなかった。
  2. 健康診断の結果を元に、再審査を求められ、再検査の結果が思った以上に時間がかかった。
  3. 移民局から返答を求められる英文メールが届いていたが、質問内容や返答方法がわからず、そのままにしてしまった。
  4. 学生ビザ申請を余裕を持って進めなかったため、最終的に健康診断が終了したのが直前だった。しかし、健康診断終了後も、ビザ発給を催促するメールを移民局に送らなかった。
  5. ビザ申請を余裕を持って進めたが、その後移民局から連絡が来なかったにもかかわらず、移民局へ確認をしなかった。
  6. VGNメールが届かないため、ビザが発給されているかどうかわからない。

たしかに、ビザは「発給されるまで待つ」ということが基本です。ただ、全ての状況で「待つだけで良い」ということではありません。場合によっては移民局への確認も必要なのです。

なんとか出発に間に合わせたい!

オーストラリアのビザを発給ができるのは、オーストラリアの移民局のみです。ですから、ビザが届かないからといって、変わりに弊社ででビザを発給することはできません。そして、ビザがなければ、留学はスタートできません。オーストラリアの留学予定の方は、十分余裕を持って準備をすすめてください。

申請状況により、出来るだけ早くビザが取得できるよう、当社にてビザ申請のお手伝いをすることが出来る場合もあります(ビザ申請の状況によります)。また、ビザコンサルタントにお問い合せ頂くのもひとつの方法ですから、ぜひご検討ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2018年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら