オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

クイーンズランド大学で学部留学 (Study Abroad)

uq
国際的に名高い教育大国として世界中の留学生に選ばれるオーストラリア。
わずか40の大学のうち常に8-10校が世界大学ランキングの200位以内にランクインしているのも、この国の大学教育の質の高さを証明しています。

その中でも特にオーストラリアの名門大学の1つとして挙げられるのが、クイーンズランド州ブリスベンにあるクイーンズランド大学(UQ – University of Queensland)

リサーチ分野も優れており、最新設備の整った施設で行われる最先端の研究と開発は、国内外から非常に高い評価を受けおり、ノーベル賞受賞者も輩出しています。
また、国内およそ40大学のうちトップ8校であるGroup 8 の1校でもあり、且つ、世界的な研究ネットワークであるGlobal Universitas 21のメンバーでもあります。

学部留学 (Study Abroad)とは?


在籍している日本の大学を半年、または1年間の休学をしてオーストラリアの大学で授業を履修する私費留学プログラムです。
在籍している大学の協定校に関わらず、ご自分の「目的」「希望」「条件」などに合わせて大学を選ぶ事が出来ます。
詳しくはスタディーアブロードとは?をご覧ください。

留学スケジュールは年に2回


オーストラリアの大学は1学期目が2月開始(~6月まで)、2学期目が7月開始(~12月まで)です。
学部留学生 (Study Abroad)も現地学生同様、この日程に合わせて留学します。
■ 例1)2月出発~12月帰国の場合
・2月出発~6月まで・・・大学付属語学学校で英語コース
・7月~12月まで・・・学部留学(Study Abroad)(1学期間)
■ 例2)8月出発~翌年7月帰国の場合
・8月出発~翌年1月まで・・・大学付属語学学校で英語コース
・2月~7月まで・・・学部留学(Study Abroad)(1学期間)

2つの出願条件

①【学力条件】
在学中の大学で平均以上の成績を修めていること(英文成績表をご用意ください)
②【英語条件】
TOEFL(IBT)80以上、IELTS6.0以上(TOEICは不可)

3つの出願書類と出願のながれ

上記【2つの出願条件】を満たしている方は、遅くとも出発の4~6か月前までに下記3つの出願書類を準備して当社へ郵送してください。出願手続きを行います。

● 在学中の大学の成績表(英文)
● TOEFLまたはEILTSスコア表(2年以内のもの)
● パスポート写真ページのコピー

当社はクイーンズランド大学の公式出願窓口です。無料で出願手続きをご利用いただけます。
【1】まずは上記の【出願に必要な書類】を4~6か月前までに当社へ郵送してください。
   ↓
【2】1~2か月ほどで査定結果がでます
   ↓
【3】学費納入
   ↓
【4】学生ビザ申請
   ↓
【5】航空券購入、海外留学保険加入
   ↓
【6】出発

留学に必要な費用


例えば、まずは1か月間ホームステイしながら20週間の英語コースに通い、その後Study Abroad Program に入る場合、1年間の学費は総額およそ202万円ほどかかります

【内訳】
①1ヵ月のホームステイ費
+手配料:240ドル
+宿泊費:1,325ドル
+空港送迎:125ドル
—————————
=1,690ドル(約15万円)
—————————

②英語コース20週+Study Abroad1学期の学費
+入学金:220ドル
+英語コース授業料:8,800ドル
+Study Abroad授業料:11,250ドル
+留学保険:548ドル
—————————
=20,818ドル(約187万円)
—————————

総額:22,508ドル(約202万円)

※そのほか航空券(片道6万円ほど)、ビザ申請費用(約5万円)、生活費(月13万円ほど)がかかります。
クイーンズランド大学日本語案内

クイーンズランド大学の日本人留学生をご紹介

クイーンズランド大学(人文科学学部、異文化コミュニケーション)に在学中の日本人留学生Ms. Ryoko Yahagi さんがでの留学生活を英語と日本語でご紹介していますので是非視聴してみてください。

▼英語バージョン

▼日本語バージョン


お問合せ

今回はクイーンズランド大学Study Abroad Program のご案内でしたが、全豪すべての大学でこのプログラムが催行されており【出願条件】を満たせば全豪からお好きな大学をお選びいただけます。
ご興味あるかたはぜひお問合せください

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。