オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

留学 体験談

TAFEのビジネスコースからエディスコーワン大学2年に編入計画実行中!

吉野 亜里さん | | 専門学校・TAFE | Diploma of Business | 週
大学進学を目指すも最初はワーキングホリデーからスタート。でも最初の気持ちを忘れず、現地で着実に英語を学び、専門学校に入学し、大学進学に向けて着々と歩む吉野さんの体験談です。

留学前の英語力

初中級。

 

留学後の英語力

中上級。


卒業が厳しいといわれるオーストラリアの大学をあえて選びたかった

父親が外国人で英語を聞く機会が多く、自分も元々英語や海外に興味がありました。
そんな中、高校卒業後の進路を考えた時、日本の大学で遊んでいる人も多く、せっかくお金を使って勉強するなら、入学はそれほど厳しくないけれど、卒業は厳しい海外の大学を選んだ方が自分の将来に役に立つと思い、留学を決意しました。

オーストラリアを選んだ理由は、イギリス、アメリカより大学の授業が実践的だと聞き、オーストラリアに決めました。
中でもパースを選んだ理由は、都市と緑が融合していて、大都会には無い魅力を感じたからです。

ワーキングホリデーで渡航

ワーキングホリデーでまず海外生活をスタートし、その国に慣れ、英語学校に行き、英語学校卒業後は大学進学費用を稼ぐためにも働きながら英語力を上げる道を選びました。

語学学校はレクシスイングリッシュに通っていましたが、仕事と両立しながら勉強するというかなりストイックな生活をしていました。この時は勉強に仕事にと忙しい毎日でした。


ワーキングホリデーから学生へ。進学へ向けてのステップ

ワーキングホリデーで1年過ごし、次のステップとして大学進学を考えた時、TAFEから大学編入をした方がトータルの学費が安く抑えられると、オーストラリア留学センターからアドバイスをもらい、TAFEのDiploma of Businessに進学することにしました。

TAFEの進学英語コースEAP10週後、Diploma of Business1年間コースに入学、卒業後はエディスコーワン大学2年に編入する予定です。


TAFEでの進学英語の勉強

TAFEのEAPコースでは、毎週エッセイの課題、グラフの説明やトピックを与えられ、いろいろなタイプのエッセイ、レポート提出が大変でした。
コース最後には1000単語のレポート提出があり、かなり苦しみましたが、無事卒業できた時には達成感でいっぱいでした。

語学学校の後のビジネスコース

Certificate 4 in Businessコースでは、会社運営のハザードリスクマネージメント、商品の広告の仕方を2000字のレポートにまとめる課題があり、自分はオーストラリアで有名なCancer Councilという日焼け止めの商品について、他社との比較、活用性を含めた広告をまとめたレポートを作り、プレゼンテーションしました。

プレゼンテーションはなるべく字を載せず、見やすい形でスライドショーに流し、言いたいことは覚えて言う。こういうプロジェクトは今までやったことがなく、最初は、クラスメートにオーストラリア人学生がいっぱいいる中、自分は英語もまだまだで、やっとやり遂げられたという感じでした。

でも今はオーストラリア人クラスメートともバーベキューも行ったり、課題を一緒に勉強したり、楽しく過ごせるようになりました。

Diploma of Businessコースでは、Platinum Eventsという架空の会社を学校で設立し、Dementia Care(痴呆症患者のケア)のシンポジウムを開くためのイベント制作をするために4つのデパートメント(マーケティング、人事、アドミニストレーション、コミュニケーション)を作った後、各部門で仕事を手がけています。
スポンサーを取ったり、場所を決めたり、予算を考えたり、ゲストスピーカーを探して手配したり、実際に存在するかのように会社を運営するという貴重な経験をしています。


お金のかからないパースの遊び

ラーメン屋さんでアルバイトをしている時以外は、休日はスカボロビーチのすぐ近くに住んでいるので、ビーチに行ったり、ピクニックに行ったり。パースは自然がたくさん。遊ぶのにお金がかからないのがいいですね。

留学は怖いものじゃない

留学することは、怖いことでは無いということを最初に。
外国に進学する文化が馴染んでいない日本では、人と違う道を歩むことを恐れてしまうかもしれないけれど、あなたが選んだ道は、間違っていることはないです。
自分のしたいことに従い、海外に出たい!と思ったら、恐れず出てみて下さい。

スタッフからのコメント

日本では元ラガーマンの吉野さん。つらい勉強も高校時代のラグビーの練習に比べたら全然苦になりませんと笑っていました。大変なことがあっても、いつも自分で頑張って解決し、乗り越えている吉野さんをこれからも見守っていきたいと思います。
この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。