オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

留学 体験談

TAFEでマーケティングを学ぶ-広がる将来の可能性

野口真緒さん | パース | 専門学校・TAFE | Diploma of Marketing | 週
留学のきっかけは英語が苦手で、日本の大学受験に失敗したこと。パースの専門学校TAFE(テイフ)でマーケティング(Certificate IV in Marketing+Diploma of Marketing)を学ぶと同時に、NPOでのボランティアにもチャレンジしている野口真緒さんに、TAFEの授業やボランティア活動のお話を伺いました。

留学前の英語力

初中級。

 

留学後の英語力

中上級。

留学のきっかけは大学受験の失敗

高校卒業後、日本の大学へ進学しようとしていましたが、英語が苦手で受験に失敗しました。親が自分のやりたいことを自分で決めなさい、と言ったことで、苦手な英語が話せるようになりたいと思ったことにより留学を意識し、まずは留学に向けた英語を学べる専門学校へ行きました。そして、知り合いの人がパースで働いていたので、パースへ留学しようと思いました。

企業へのマーケティング提案プロジェクト

TAFEではマーケティングを学んでいますが、Certificateでは、マーケティングの本質に迫る授業や、eマーケティングを中心に学びました。また、実際にフライヤー等も自分で作成をしたり、クリエイティブな内容のものも多かったです。

Diplomaでは、リサーチが中心の授業でした。具体的には、実際に企業に対して、集客のためのキャンペーンを提案しました。

パースのJoondalupにあるショッピングセンターに、新しくMyer(マイヤー:オーストラリアのデパート)がオープンしたのですが、それがKarrinyupという場所のショッピングセンターにあるMyerに、どのような影響を与えたかを調べます。そして、Karrinyupのショッピングセンターに人が集まるキャンペーンをどうすればよいか、リサーチを行い、ショッピングセンターに提案をしました。

実際、ショッピングセンターにいるお客さんに、最近行ったショッピングセンター、Joondalupのショッピングセンターをどう思うか、Karrinyupのショッピングセンターの好きなお店は等々、合計102人にインタビューを実施しました。そして、最終的に、ショッピングセンターのマーケティングマネージャーといった人たちに対して、調査結果とどのようなキャンペーンが集客につながるか、プレゼンテーションを行いました。

このリサーチは、グループで行いましたが、大変でした。特に、グループの人たちはオーストラリアに住んで長い人や、ネイティブの人たちなので、自分の言いたいことがなかなか英語でうまく言えず、会話についていけないこともありました。国籍が違えばやはり意志疎通が難しいこともありましたが、最後のプレゼンでは、準備をしっかりとして臨むことができたので、先生に褒められました。

オーストラリアで学んでいてびっくりしたことは、年齢に関係なく勉強をしていることです。日本だと、高校を卒業して、大学を出て、就職をしたら、それからまた学校に戻ることは少ないと思います。TAFEの先生自身が大学院で勉強をしていたり、社会人経験をした人が、大学やTAFE、大学院へ行く人も多いです。TAFEも年齢層がばらばらで、いくつになっても学ぼうと思ったら学べる環境が整っていると思いました。

ボランティア活動 Colosoul Japan

Colosoul Japanは、Colosoul(コロソール・ジャパン)という、アート・イベント・メディア出版を手掛けるNPO団体の日本支部です。音楽・ファッション・映像・イベント等、様々なアート活動を通して、若者の活動を応援しており、パースから日本に向け情報発信をしています。

私は、オーストラリア人や他の日本人と一緒に、Colosoul Japanの日本人リーダーとして参加しています。記事の作成やSNSでの情報発信、アーティストとのコラボイベント、英語の翻訳等を行っており、今はオンライン雑誌の出版に取り掛かっています。

私自身、芸術活動に詳しいわけではありませんが、一番苦労することは、人を巻き込んで活動をしていくことです。特に、Colosoul Japanの活動がボランティアなので、モチベーション高く一緒に仕事をしてくれる人を、見つけることが大変です。

活動に興味を持って頂いた方は、実際に会ってみて、モチベーションの違いや、どういった距離感で話をしていけばいいかを見極めます。そして、チームメイトと相談をしたりしながら、リクルートをしています。

Colosoul Japanでは、自分の可能性を広げることができますし、元々興味のあった雑誌づくりに関わったり、オーストラリア人と一緒に活動をするので、これまでやったことがないことにチャレンジすることができています。

私は2015年8月に留学が終わるので、帰国をしますが、パースのColosoul Japanの活動は続き、メンバーも募集中です。

Colosoul Japanのウェブサイトはこちらをご覧下さい。

広がる将来の可能性

あと残り2ヵ月、語学の向上とオーストラリア旅行を楽しみたいと思います。そして、日本に戻って就職活動です。

以前は、マスメディア関係に興味がありましたが、オーストラリアに来て色々な価値観の違いや生き方に出合い、自分の考え方も変わりました。特に、1つの枠にとらわれない生き方があり、これまで、日本で大学を出て就職をして一生を過ごす、という一本線の人生しか見えていなかったものが、自分の前には、実はいくつもの可能性があることを知りました。

外資系企業、インテリアや食品等の輸出入の仕事、仕事に限らず、もっともっと色々なものをみたい、国を訪れたい、東南アジア方面も勢いがあり興味があります。

私は、何かを創り出し、学んでいくことが楽しいと感じるので、色々な可能性を考えながら残りの留学2ヵ月を過ごしていきたいと思います。

スタッフからのコメント

ご自身が「面白そう!」と感じたことに、どんどんチャレンジをしている真緒さん。留学の最初の頃からお話をしていますが、考え方や将来の進路等に、大きく変化が出てきたと感じます。

これから留学を終えて、日本で本格的に就職活動が始まりますが、留学後も応援しています、がんばって下さい!!
この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号H297)
オーストラリアのパースから留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか?

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。