メルボルン大学進学へ トリニティ・カレッジ

日本の高校を卒業してメルボルン大学(the University of Melbourne)へ進学する方法はいくつかあり、一般的に「ファウンデーション」と呼ばれる大学準備コースを経由してメルボルン大学進学を目指します。

ファウンデーションは、日本とオーストラリアの教育制度の違いから、オーストラリアの大学で勉強をするための準備を行うコースとなっています。

メルボルン大学のファウンデーションコースは、トリニティ・カレッジ(Trinity College)で開講しており、詳細は「トリニティ・カレッジ-メルボルン大学への進学」はご確認頂けます。

こちらでは、トリニティ・カレッジのコースの種類と実際にトリニティに通われた留学生の声をお伝え致します。

トリニティ・カレッジのコース

トリニティ・カレッジでは、標準的なメインコースとメインより短期間で終えることができるファストコースやアクセラレートコースが開講されており、各コースの2017年日程はこちらとなります。
コースコース期間大学スタート
メイン2017年2月9日-12月5日2018年2月
アクセラレート2017年4月6日-12月5日2018年2月
ファスト2017年6月22日-2018年1月25日2018年2月
メイン2017年8月3日-2018年6月1日2018年7月
ファスト2017年9月28日-2018年6月1日2018年7月
その他、英語、数学、物理、化学といった科目を追加で履修する必要のある学生にはメインプラスや特別長期コース等の開講があり、ケースバイケースで入学できるコースが異なります。

基本的な入学基準は、英語力IELTS6.0(TOEFL iBT60)、高校の平均成績が4以上が必要となります。

2017年の学費は、上記3つのコースは各27,500ドル(約228万円)となり、高校の成績が優秀な方は授業料免除の奨学金設定もあります。

トリニティ・カレッジでの体験

トリニティのメインコースで勉強をして、現在メルボルン大学で勉強中の細谷真琳さんに、トリニティでのお話を伺いました。
トリニティ・カレッジは、メルボルン大学に向けての勉強をするには最適な場所だと思います。

勉強面では、先生方はとてもフレンドリーで親身になって教えてくれました。私は心理学を勉強したいと思っており、トリニティで心理学の科目を受講することができたので、この分野の基礎を身に付けることができました。

トリニティでは、生徒のサポートも充実しており、学校カウンセラーが、試験が近い時にナーバスになっていた私に勉強の仕方も教えてくれたり、住まいのことで相談をしたりすることもできました。

トリニティでは様々な国の人たちと出会うことができ、友人を通して異なる文化を経験し、知ることができました。トリニティでは、勉強の場としてそして友達づくりの場として、とても充実した生活を送ることができました。

細谷さんの大学生活インタビュー動画もご覧ください。
メルボルン大学進学~知的好奇心あふれる学生生活~
細谷さんのご両親からも、これからのメルボルン大学での勉強に向けて、トリニティでの学びと経験は非常に良かったとご満足頂いております。

トリニティ・カレッジへの出願

オーストラリア留学センターは、トリニティ・カレッジ、そしてメルボルン大学の無料公式出願窓口として、皆さまのメルボルン大学進学のご相談、お手伝いさせて頂きます。

メルボルン大学の学部詳細や選び方、留学プラン、学費、トリニティ・カレッジからの進学の仕方、ご準備の仕方等々、将来、メルボルン大学への進学をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さい。
備考
※上記費用や入学基準等は、2016年8月18日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございます。
※ご参考の日本円は1ドル=83円換算としております。

うつ病改善の栄養素研究 メルボルン大学・クイーンズランド大学

関心が高まる現代の「食」。
そして、日本で大きな社会問題となっているうつ病。

ほうれん草やカキ、カニ等に含まれる栄養素のコンビネーションが、うつ病を改善させる効果があるとして、メルボルン大学とクイーンズランド大学が共同で研究を行っています。

「現在の抗うつ剤による治療は、部分的には有効であるが回復に至らせることは難しい」とクイーンズランド大学の研究者は述べています。

これまでも臨床の現場で臨床の現場では複合的な栄養素が抗うつ作用を持っていることは確認されてきましたが、個々の栄養素の働きにしか注目はされてきませんでした。メルボルン大学とクイーンズランド大学は、抗うつ剤の効果がないうつ病患者を集め、栄養素のコンビネーションとうつ病治療の臨床試験を行っています。

「安価で安全、そして効果的なうつ病治療に貢献することができる」と研究者は期待を寄せています。
2bdf4228aa69468b0168a13ca0ec8aa7_s
参照元 the University of Queensland on 7 August 2015, “World-first study tests if food can improve mood”, accessed on 9 September 2015.


メルボルン大学でフードサイエンスを学ぶ

メルボルン大学・大学院で、食に関することを学ぶには下記コースが開講されています。

■大学
コースBachelor of Science – Food Science
学費年間約36,000ドル(約324万) x 3年
条件ファウンデーションコースの成績、もしくは国際バカロレア(IB)資格
■大学院
コースMaster of Food Science
学費年間約37,000ドル(約333万) x 2年
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
条件同様の分野で学士号を修了していること。
同様の分野でのGraduate Certificate, Graduate Diplomaの学位でも可。

クイーンズランド大学 フードサイエンス

クイーンズランド大学・大学院で、食に関することを学ぶには下記コースが開講されています。

■大学
コースBachelor of Siceince – Food ScienceもしくはNutrition Science
学費年間約36,000ドル(約324万) x 3年
条件ファウンデーションコースの成績、もしくは国際バカロレア(IB)資格
■大学院
コースMaster of Food Science and Technology
学費年間約34,100ドル(約307万) x 1.5もしくは2年
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
条件1.5年-同様の分野で学士号を修了していること。
2年-分野を問わず学士号を修了していること(必要科目の指定あり)。
コースMaster of Dietetics Studies
学費年間約38,580ドル(約347万) x 1.5
英語IELTS7.0(各セクション7.0以上)
条件学校が認める学士号を修了していること(必要科目の指定あり)。
※メルボルン大学、クイーンズランド大学、どちらも心理学のコースも開講されています。心理学コースにご興味をお持ちの方は別途お問い合わせ下さい。

メルボルン大学・クイーンズランド大学への進学

オーストラリア留学センターは、メルボルン大学とクイーンズランド大学の日本の無料公式出願窓口として、皆様の進学をお手伝いさせて頂いております。

メルボルン大学大とクイーンズランド大学の大学院への進学は、皆さまの学歴や職歴等によって進学方法が異なり、また、日本の高校を卒業して大学進学を目指すには、主に下記2つの方法があります。

【ファウンデーションコース経由】

大学準備コースである、ファウンデーション(Foundation)コースを経由し、大学に進学します。ファウンデーションコースは、入学に必要な英語力条件と成績条件が定められており、英語力によってファウンデーションのコース期間が変わってきます。

【大学直接入学】

国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの場合は、大学本科へ直接入学を目指すこともできます。

メルボルン大学、クイーンズランド大学への進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
Queensland Education and Training International ( QETI )
※上記は2015年9月14日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございますのでご留意下さい。
※ご参考の日本円は1ドル=90円換算としておりますが、実際の為替レートはお客様費用お支払い時にご利用の金融機関の為替レートが適用されます。

メルボルン大学・大学院 無料公式出願窓口

オーストラリア留学センターは、メルボルン大学・大学院の無料公式出願窓口として、メルボルン大学進学のお手伝いをさせて頂いております。

・日本の高校を卒業してメルボルン大学進学を目指したい方。
・国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)資格をお持ちの方。
・大学院で研究を深めたい方。

メルボルン大学・大学院への進学をお考えの方へ、進学のご相談、実際のお手続き、現地オフィスでのサポート等、留学前から留学中まで、お手続き料やサポート料を頂かずに皆さまの留学をしっかりとお手伝いさせて頂きます。
Untitled

メルボルン大学への進学

日本の高校を卒業してメルボルン大学へ進学をするには、通常、ファウンデーションと呼ばれる大学準備コースを経由して大学進学を目指します。メルボルン大学のファウンデーションは、トリニティ・カレッジで開講されており、高校の成績と英語力で合否判定が出されます。

トリニティの詳細はこちらも御覧下さい。
メルボルン大学進学へ トリニティ・カレッジ
トリニティ・カレッジ-メルボルン大学への進学

出願のご参考のスケジュールはこちらとなります。ファウンデーションは英語力や成績によっていくつかコースがありますが、スタンダードなメインコースでの日程となります。
日程出願ステップ
9月~12月最新の高校の成績で出願し見込み判定にかけます。
10月~2月合格の見込みがあればトリニティ・メルボルン大学から条件付入学許可書発行。
3月高校の最終の成績証明書・卒業証明で最終判定。
4月~7月最終判定で合格であれば入学のお手続きと渡航のご準備。
8月トリニティで勉強開始!
英語力条件を満たせていない場合は、提携の語学学校で必要期間勉強をしてトリニティの入学を目指します。

IB資格をお持ちの方も同様に、7月~8月、IBの見込み判定が出た時点で出願をして合格の可能性があるかどうか査定にかけることができます。IB資格をお持ちの方は、ファウンデーションをスキップして直接メルボルン大学へ出願をすることができます。

弊社ではトリニティ・カレッジに入学する英語力をお持ちかどうかの判定テストを行うことができます。英語力証明をお持ちでない場合でも、判定テストをクリアすることで英語力条件を満たすことができます。

2015年11月に大阪と東京で、トリニティ・カレッジのスタッフとメルボルン大学進学相談会を開催致します。
11月11日(水)18時 大阪会場
11月12日(木)17時 東京会場


メルボルン大学 大学院への進学

メルボルン大学の大学院では、主に5つの学位の開講があり、それぞれコース内容、入学条件等が異なります。

・Graduate Certificate
・Graduate Diploma
・Master Coursework
・Master Research
・Doctor of Philosophy

トリニティや大学と同様、基本的に入試はありませんが下記書類で査定がされ合否判定が出されます。

・学歴
・英語力
・リファレンス
・コースによっては職歴
・コースによっては研究概要

例えば、Masterの学歴基準を満たしていない場合でも、Graduate CertificateやGraduate Diplomaを経由することでMasterへ進めるコースもあります。

メルボルン大学・大学院 進学相談

メルボルン大学・大学院への進学方法は、皆さまの状況によって異なります。

オーストラリア留学センターでは、メルボルン大学の日本の無料公式出願窓口として、お一人おひとりの進学をしっかりとお手伝いさせて頂きます。

メルボルン大学・大学院への進学にご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
UoM April 2015 (26)

緑で集中力アップ!? メルボルン大学環境心理学研究

メルボルン大学で、環境が人の集中力に関しての研究が行われました。

実験内容は、2つの学生グループに分け、パソコン画面に出てくる数字が「3」でなければで来る数字のキーボードをタイプする、という少々退屈な作業をしてもらいました。そして、作業の途中40秒の休憩を入れ、1つのグループには、オフィス街のコンクリートの屋根の画像を、もう1つには、同じようにオフィス街ですが、花が咲いている緑あふれる屋根の画像を見てもらいました。

その後、同じ作業を開始してもらったところ、休憩時間にコンクリートの屋根の画像を見たグループよりも、緑の屋根を見たグループのほうが、圧倒的に集中力が増し、タイプミスが少なくなるという結果が出ました。

この結果から、メルボルン大学のKate Lee教授は、「緑の屋根は環境に良いだけではなく、働いている人の集中力回復にもポジティブな影響を与える」と結論づけており、「今後の都市計画には、環境だけではなく、労働者のことを考え、緑の屋根の導入を検討していって欲しい」と述べています。

今後、Lee教授は、緑がより創造性を高める影響があるかどうかの研究を進める予定をしています。
IMG_0109
参照元 the University of Melbourne on 25 May 2015, “Glancing at a grassy green roof significantly boosts concentration“, accessed on 8 June 2015, the Melbourne Newsroom.

メルボルン大学の環境学・心理学

オーストラリアのトップ大学の1つ、メルボルン大学は、環境学や心理学の分野でも先進的な研究を行っている大学の1つです。メルボルン大学で、環境学や心理学を学べるコースをご紹介致します。

環境学を学べるコース。
学部Bachelor of Environments
専攻Environmental Geography(環境地理学)
Environmental Science(環境科学)
学費年間約33,000ドル~36,000ドル(約323万~353万円) x 3年
都市開発と環境について学べるコース。
学部Bachelor of Environments
専攻Engineering Systems(エンジニアシステム)
Landscape Management(景観マネジメント)
学費年間約33,000ドル~36,000ドル(約323万~353万円) x 3年
心理学を学べるコース。
学部Bachelor of Arts or Science
ArtsとScience、どちらの学部でも心理学の受講はできますが、入学基準が異なりますのでご注意下さい。
専攻Psychology(心理学)
学費年間約29,000ドル~36,000ドル(約284万~353万円) x 3年
Untitled

備考 
※上記は、2015年6月8日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることがありますのでご留意ください。
※受講される科目によって費用が異なって参ります。
※ご参考の日本円は、1ドル=98円換算としております。


メルボルン大学への進学

日本の高校を卒業して、メルボルン大学に進学するには、主に下記2つの方法があります。

【ファウンデーションコース経由】

大学準備コースである、ファウンデーション(Foundation)コースを経由し、メルボルン大学に進学します。ファウンデーションコースは、入学に必要な英語力条件と成績条件が定められており、英語力によってファウンデーションのコース期間が変わってきます。

メルボルン大学ファウンデーションコース詳細は、こちらもご覧下さい。

【大学直接入学】

国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの場合は、大学本科へ直接入学を目指すこともできます。

メルボルン大学への進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
phpThumb_generated_thumbnailjpg

全豪No.1評価 メルボルン大学IT系コースの紹介

メルボルン大学は、オーストラリアのIT教育と研究の中心として、世界中から優秀な学生が集う場です。

最近では、5000万ダウンロード以上を記録した携帯ゲーム、クロッシー・ロード(Crossy Road)の開発者も、メルボルン大学の修士課程で学ぶ学生です。これからますます需要高まる、世界に通じるIT技術者。メルボルン大学の学士号と修士号のIT系コースをご紹介致します。


大学のITコース

メルボルン大学のIT系コースは、期間は3年となっており、学費は受講する科目によって、年間33,000ドル~37,000ドル(約313万~約351万円)となります。

IT系コースでは、下記3つの専攻から選ぶことができます。

専攻こんな方にお勧め
Informatics
情報科学
情報処理と情報工学のプロフェッショナルを目指したい方にお勧め。コンピューターやデータベースを基礎から学び、ヘルスサイエンスからビジネス、エンジニアリングまで、様々な分野の情報に関する問題解決スキルと技術を学びます。
Computer & Software Systems
コンピューター&ソフトウェアシステム
ITの技術分野に興味のある方にお勧め。プログラミングやコンピューターのシステム、ソフトウェア開発等を学び、IT技術のプロを目指します。
Spatial Systems
地理・空間情報科学
GPS技術、天候予測、地下資源探索等の技術分野に興味のある方にお勧め。IT技術の基礎から、GIS(地理情報システム)やGPS、空間分析等を学び、人と環境の関係を研究します。

大学院のITコース

大学院では、科目履修中心のコースワーク(Coursework)と研究コースのリサーチ(Research)があり、ここでは、コースワークをご案内致します。コースワークでは、IELTS6.5(各セクション6.0以上)の英語力が必要となります。

【 Master of Information Systems – 情報システム修士課程 】
同コースはバックグランドに応じて1年、1.5年、2年の期間が選択できます。
コース期間1年
費用43,411ドル(約373万円)−1年間
入学条件
  • IT系の学士号を持ち、2年以上の関連した職務経験を持っていること。
  • 規定の英語力条件をクリアしていること(IELTS6.5相当)

コース期間1.5年
費用63,566ドル(約546万円)
入学条件
  • 分野を問わず学士号を保持している。または、Graduate Certificateを保持している。
  • 1年以上の関連した職務経験を持っていること。
  • 規定の英語力条件をクリアしていること(IELTS6.5相当)

期間2年間
費用年間84,755ドル(約728万円)
入学条件
  • 分野を問わず学士号を持っていること。
  • 規定の英語力条件をクリアしていること(IELTS6.5相当)


【 Master of Information Technology – 情報技術修士課程 】
専門コンピューター、分散コンピューティング、ヘルス、地理・空間情報の4つの分野から専門を選ぶことができます。
期間バックグランドに応じて1年、1.5年、2年
費用年間36,000ドル(約342万円)
入学条件1年-学士研究課程相当でIT系の学士号を持っていること
1.5年-IT系の学士号を持っていること。
2年-分野を問わず学士号を持っており、プログラミング関連の授業を受講していること。

その他、ロボット技術に代表される電子機械工学(Mechatronics)や生命情報科学(Bioinformatics)、ソフトウェア・エンジニアリング、コンピューターサイエンス等の分野でも修士課程のコースを開講しています。

メルボルン大学への進学

日本の高校を卒業して、メルボルン大学に進学するには、主に下記2つの方法があります。

【ファウンデーションコース経由】

大学準備コースである、ファウンデーション(Foundation)コースを経由し、メルボルン大学に進学します。ファウンデーションコースは、入学に必要な英語力条件と成績条件が定められており、英語力によってファウンデーションのコース期間が変わります。

メルボルン大学ファウンデーションコース詳細は、こちらもご覧下さい。

【大学直接入学】

国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの場合は、大学本科へ直接入学を目指すこともできます。

大学院への進学は、個々人のバックグラウンドによって異なりますので、ご相談下さい。

メルボルン大学への進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
UoM April 2015 (34)
備考
※上記は2015年4月29日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもありますのでご留意下さい。
※ご参考の日本円は、1ドル=95円換算としております。

地球温暖化が食に与える影響 メルボルン大学

メルボルン大学の研究者が、地球温暖化が食の未来に大きく影響を与える、といった研究結果を発表しました。

温暖化は、気温の上昇にともなう海水面上昇の問題はよくクローズアップされますが、私たちが普段食べている食べ物にも大きく影響を与えます。

「50年のうちに、トーストやラズベリージャムが食べられなくなるかもしれません」さらに「ビールやワイン、チョコレートといった食糧が手軽に手に入らず、味も変わってしまう可能性があります」と研究者は述べています。

地球温暖化が食に与える影響の一部を抜粋。

■ミルク生産量が10~25%減少、最大40%減の可能性。

■ニンジンの味がなくなり、食感も悪くなる可能性。

■じゃがいもの枯死が進み、食べられなくなってしまう可能性。

■降雨量の減少により、稲作地帯に充分な水が行き渡らない可能性。

■降雨量と温度の変化により、2050年頃には小麦の生産が5~10%減少する可能性。

■海岸の酸性度が上がり、貝が貝殻をつくることができなくなる可能性。

等々、全部は書ききれませんが、地球温暖化によって、日々私たちが食べているものに大きく影響が出てきそうです。

食べ物が不味くなるだけではなく、「食糧価格の高騰し、しかしクオリティのよくない食品が多くなり、結果的に農業・畜産従事者を追い詰める」ことになり、さらに食糧事情が悪くなる、という悪循環に陥る可能性もあります。今後地球温暖化に対してどのようなアクションを取るかが重要となってきます。
P4030009
参照元 University of Melbourne, “Climate Change to leave bad taste in our mouth“, 15 March 2015

メルボルン大学の環境学コース

オーストラリアのトップ大学の1つ、メルボルン大学は、環境学の分野でも先進的な研究を行っている大学の1つです。メルボルン大学で環境問題を学べるコースはこちらになります。
学部Bachelor of Environments
専攻Environmental Geography(環境地理学)
Environmental Science(環境科学)
学費年間約33,000ドル~36,000ドル(約323万~353万円) x 3年
木や植物を中心に学びたい方はこちら。
学部Bachelor of Science
専攻Forest Science(森林科学)
Plant Science(植物科学)
学費年間約33,000ドル~37,000ドル(約323万~363万円) x 3年
都市開発と環境等について学びたい方はこちら。
学部Bachelor of Environments
専攻Engineering Systems(エンジニアシステム)
Landscape Management(景観マネジメント)
学費年間約33,000ドル~36,000ドル(約323万~353万円) x 3年
Untitled
備考 
※上記は、2015年4月8日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることがありますのでご留意ください。
※ご参考の日本円は、1ドル=98円換算としております。


メルボルン大学への進学

日本の高校を卒業して、メルボルン大学に進学するには、主に下記2つの方法があります。

【ファウンデーションコース経由】

大学準備コースである、ファウンデーション(Foundation)コースを経由し、メルボルン大学に進学します。ファウンデーションコースは、入学に必要な英語力条件と成績条件が定められており、英語力によってファウンデーションのコース期間が変わってきます。

メルボルン大学ファウンデーションコース詳細は、こちらもご覧下さい。

【大学直接入学】

国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの場合は、大学本科へ直接入学を目指すこともできます。

メルボルン大学への進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
phpThumb_generated_thumbnailjpg

世界ランキングから見るメルボルン大学 2014/2015年版

オーストラリアのトップ大学の1つ、メルボルン大学(The University of Melbourne)

オーストラリア国内はもちろん、海外からも高い評価を受ける、世界的にもトップレベルに位置づけられる大学です。

メルボルン大学は、学士号では11の学部と80以上の専攻、大学院では270以上の専門と幅広く、学ぶ分野を選ぶことができます。

Architecture, Building and Planning-建築
Arts-一般教養・人文・社会学
Business and Economics-ビジネス・経済学
Education-教育学
Engineering-工学
Land and Environment-環境学
Law-法学
Medicine, Dentistry and Health Sciences-医学・歯学・ヘルスサイエンス
Science-理学部
Veterinary Science-獣医学
Fine Arts and Music-音楽・芸術


世界大学ランキングの最新版が発表されましたので、メルボルン大学の各分野ごとの世界ランキングをご紹介!

昨年のランキングは、「世界大学ランキングから見るメルボルン大学」をご覧下さい。

Untitled

ランキングで見るメルボルン大学

メルボルン大学の最新の世界大学ランキングを、Time Higher EducationとQS World University Rankingsからご紹介致します。

Time Higher Education World University Ranking 2014-2015
項目オーストラリア順位世界順位
総合ランキング1位33位
Arts and Humanities
人文
3位19位
Clinical, Pre-Clinical and Health
ヘルス・臨床
1位13位
Social Science
社会科学
1位19位
Physical Sciences
物理科学
2位30位
Life Sciences
生命科学
1位29位
Engineering and Technology
工学・テクノロジー
1位37位

QS World University Rankings 2014-2015

項目オーストラリア順位世界順位
総合ランキング2位33位
Linguistics
言語学
2位12位
English language & Literature
英米文学
3位12位
History
歴史学
2位21位
Computer Science & Information Systems
コンピューター科学・情報システム
1位15位
Chemical Engineering
化学工業
1位16位
Electric & Electronic Engineering
電子工学
1位28位
Mechanical, Aeronautical & Manufacturing
機械・航空・製造工学
1位17位
Medicine
医学
1位12位
Biological Science
生命科学
2位23位
Psychology
心理学
1位10位
Physics and Astronomy
物理・天文学
1位33位
Environmental Science
環境科学
3位12位
Earth & Marine Science
地球・海洋科学
2位37位
Chemistry
化学
1位26位
Geography
地理学
2位16位
Statistics and Operational Research
統計・オペレーショナル・リサーチ
1位24位
Sociology
社会学
3位28位
Politics & International Studies
政治・国際関係学
3位25位
Law
法学
1位8位
Economics & Econometrics
経済・計量経済学
2位23位
Accounting and Finance
会計・金融学
1位8位
Communication & Media Studies
コミュニケーション・メディア学
2位22位
Education
教育学
1位2位

その他、卒業生の雇用主評価が世界トップ10位、MBAランキング世界27位等、様々なランキングで世界的に評価を受けています。

メルボルン大学への進学

通常、日本の高校を卒業して、メルボルン大学へ進学をするには、ファウンデーションコースを経由して入学をします。国際バカロレア(International Baccalaureate:IB)資格をお持ちの方は、直接大学本科コースへの入学を目指すことができます。

ファウンデーションコースの入学は、高校の受講科目と成績、そして英語力で合否が判定されますが、メルボルン大学の志望学部によっては、数学のテストが課されることもあります。

大学院への入学は、コースによって入学条件が様々ですが、卒業された(卒業予定の)大学の専攻、成績、そして、英語力、コースによっては、研究実績や職歴等も考慮に入れられ、合否判定が出されます。

メルボルン大学では、大学生や大学院生用に、休学留学をして半年~1年で授業が受けられる学部聴講のプログラムも開講しています。

グローバル時代の学びの可能性はは無限大。

世界中から優秀な人材が集まるメルボルン大学、コース詳細や進学方法、入学条件等は、こちらからお問い合わせ下さい。

University of Melbourne (1)

メルボルン大学 理系ランキング

オーストラリアのトップ大学の1つ、メルボルン大学(the University of Melbourne)。
毎年世界中から多くの優秀な学生たちが、メルボルン大学に学びにやってきています。

メルボルン大学では、ビジネスや文系・社会学系の評価も高いのですが、理系分野(Bachelor of Science)も世界的に認められており、高い教育水準を誇っています。

メルボルン大学の理系コースでは、専攻の分類は下記9つに分かれており、さらに細かく37の専門科目から、学びたい分野を選ぶことができます。

Chemical Sciences – ケミカルサイエンス
Earth Sciences – 地球科学
Engineering Systems – エンジニアリングシステム
Environmental Sciences – 環境科学
Information Technology – IT
Life Sciences – 生命科学
Mathematics and Statistics – 数学・統計
Physical Sciences – 物理科学
Psychological Sciences – 心理学


世界的にも評価が高いメルボルン大学の理系コース、各分野での世界大学ランキングをご紹介致します。

Untitled

Times Higher Education World University Ranking 2014-2015

イギリスのタイムズ誌が発行している世界大学ランキングで、メルボルン大学は、2013年-2014年のTimeのランキングでは、総合ランキング34位だったものが、今回13位に一気に躍進しました。


項目オーストラリア順位世界順位
総合ランキング1位13位
Clinical, Pre-Clinical and Health
ヘルス・臨床
1位12位
Physical Sciences
物理科学
2位30位
Life Sciences
生命科学
1位27位
Engineering and Information Technology
工学・IT
1位37位

QS World University Rankings 2014

イギリスのQuacquarelli Symonds社が発行する世界大学ランキングで、世界的に影響を持つ大学ランキングの1つです。


項目オーストラリア順位世界順位
総合ランキング2位33位
Computer Science & Information Technology
コンピューター・IT
1位37位
Chemical Engineering
化学工学
1位12位
Civil & Structural Engineering
土木工学
6位44位
Electrical & Electronic Engineering
電気・電子工学
1位28位
Mechanical, Aeronautical & Manufacturing
機械・航空・製造工学
1位17位
Medicine
医学
1位12位
Biological Science
生物科学
2位23位
Psychology
心理学
1位10位
Pharmacy & Pharmacology
薬学・薬理学
4位32位
Agriculture & Forestry
農学・林学
4位36位
Physics & Astronomy
物理・天文学
1位33位
Mathematics
数学
3位51-100位
Environmental Science
環境科学
2位12位
Earth & Marine Science
地球・海洋科学
2位37位
Geography
地理学
2位16位

メルボルン大学への進学

日本の高校を卒業して、メルボルン大学へ進学するには、大学準備コースであるファウンデーションコースを経由します。国際バカロレア資格(International Baccalaureate:IB)をお持ちの方は、ファウンデーションコースをスキップして、直接大学本科コース入学を目指すこともできます。

英語ができる理系人材は日本のみならず、これからますます世界で求められるようになります。
英語で理系の専門性を身につけ、日本と世界を舞台に活躍してみませんか?

メルボルン大学進学に関して、具体的な入学条件、進学のご準備、費用等については、お気軽にお問い合わせ下さい。

phpThumb_generated_thumbnailjpg