オーストラリアで VFX クリエイターを目指す

映画やテレビドラマ、テレビCMなどで、現実には見ることのできない視覚効果を作り出すことを、Visual Effects = VFX と呼ばれています。現代の世の中ではありえない街並みや存在しない恐竜や動物を再現したり、実写に光や爆発などを加えたり、リアリティのある映像を作り出す技術です。



世の中のあらゆる映像にCG(Computer Graphics)やVFXが使われており、CG や VFX を使うことができない映像はこの世には存在しないと言うことができます。現代は、映像の数だけ VFXクリエイター の仕事があると言えますから、オーストラリアで学ぶことで世界各地の映像会社で働くチャンスに恵まれます。

目次

VFXは専門学校で学ぶの? 大学で学ぶの?


専門学校、大学、どちらでも学べますから、将来のキャリアや映像分野で VFX 以外も学びたいことがあるのか?で選択肢がわかれます。

フィルム・映画、テレビ制作などを主に学びたい場合は、大学の学士号にて Film and TV, Creative Industries, Creative Arts, Media Arts などがオススメです。

オーストラリア国内で同分野での学士号は、
●クイーンズランド工科大学(クイーンズランド工科大学でCreative Industryを学ぶ)、
●南オーストラリア大学(映画・映像制作・VFXを大学で学ぶ
をご参照ください。

なお大学では VFX は数ある映像制作の選択科目の一つに過ぎず、VFX以外の科目を主として選択しなければいけません。

もし「VFXに基づく映像音響関連だけの教科」を中心に学びたいなら、TAFE州立専門学校の Screen and Media(Animation, Gaming and Visual Effects)で 学べる科目と大学で学ぶ科目を見比べてみてから進路を決定しても良いでしょう。

そして Screen and Media(Animation, Gaming and Visual Effects)という場合は、南オーストラリア州アデレードにてTAFE SAでの修学がオススメです。

なぜ TAFE SA ? 南オーストラリア州アデレード?


ここ南オーストラリア州アデレードでは、オーストラリア国内トップレベルの VFX制作会社 Rising Sun Pictures などを代表とする企業がいくつか拠点を構えており、各教育機関とのコラボレーションから、VFX を専門的に学ぶ機会が多くあります。

過去の TAFE SA 卒業生は、様々な映像技術者として世界で活躍しており、作品名だけでも、X-Men: Days of Future Past, Gravity, The Seventh Son, The Wolverine, The Great Gatsby, The Hunger Games, Prometheus, Journey 2: The Mysterious Island, Green Lantern and the final five Harry Potter films や、CM、オンラインメディア、ゲームなどを手がける映像プロダクションで活躍しています。



しかし最近では Diploma 卒業レベルだと、スキル面で就職はなかなか厳しい現実があります。
そのため 多くの学生はAdvanced Diploma までを受講し、その後は大学進学を目指すか、という選択肢になるのですが、 本ページでは VFXクリエイターを目指すため、TAFE SA で Screen and Media(Animation, Gaming and Visual Effects) で学び、その後の VFX業界参入のための「スキルと学位」を最速で得るオススメのコースをご紹介します。

TAFE SAで学ぶ Animation, Gaming and Visual Effects


現在、TAFE SA で開講されるコースの中でも力を入れている一つがこのAnimation, Gaming and Visual Effects分野です。学位としては、Diploma と Advanced Diploma があります。
実際、Diploma まででコースを終える学生もいますが、ほとんどの学生は Advanced Diploma レベルまで受講される学生さんが多いです。その理由は、VFX技術者としてのスキル範囲と 就職に違いが出てくるためです。

【体験談】山下 千遙さん
経験ゼロから映像クリエイターを目指して奮闘中!
映画が好きで、いろいろ調べていくうちにCGIやVFXなら興味があるし、映像が発展してきているこの時代に必要とされるスキルだと思ったのでScreen and Mediaコースを選択しました・・・


まずは具体的に Diploma 、Advanced Diploma で学べる教科、その後の選択について見ていきましょう。

Diploma of Screen and Media で考えてみよう


TAFE SAで学ぶ Diploma of Screen and Media コースには、2つの専攻(Film & TV と Animation, Gaming and Visual Effects) があり、出願の際にどちらか1つを選びます。VFX を学ぶ場合は、間違いなく Animation, Gaming and Visual Effectsを専攻しましょう。

コース名 Diploma of Screen and Media
期間1年間
入学1月のみ
学費年間 19,200ドル(2022年度)
英語 ●IELTS Academic overall 5.5(各セクション 5.0)以上
または、
●TAFE付属英語学校の EAP(進学英語)コースを規定の成績で終えること
専攻 ●Film & TV Stream・・・映像・テレビ制作
●Animation, Gaming and Visual Effects・・視覚効果、ゲーム映像、3Dアニメーション制作など
※映像技術職は Animation, Gaming and Visual Effects専攻を選びます。

Diploma of Screen and Media(Animation, Gaming and Visual Effects)で学べる教科は下記になります。
Diploma コースで学べる教科の大半が3D制作の基礎教科になります。
Animation, Gaming and Visual Effects専攻
  
    必修 4科目
  1. Enhance professional practice using creative arts industry knowledge
  2. Establish and maintain safe creative practice
  3. Provide freelance services
  4. Realise a creative project
  
    選択科目
  1. Apply digital texturing for the 3-D environment in digital games
  2. Create 3D digital animations
  3. Create 3D digital environments
  4. Create 3D digital models
  5. Create advanced 3D digital models
  6. Create digital visual effects
  7. Create titles for screen productions
  8. Design digital applications
  9. Extend expertise in specialist creative fields
  10. Shoot material for screen productions under special conditions
 

Advanced Diploma of Screen and Media で考えてみよう


Advanced Diploma of Screen and Media では 専攻は Content Creation and Design(コンテンツ制作・設計)となります。
Diploma でAnimation, Gaming and Visual Effectsの基礎を身に着けた上で、VFX、コンポジットアニメーション、ゲームアート、3Dモデリングとテクスチャリングを専門に学びます。

コース名Advanced Diploma of Screen and Media
期間1年間
入学1月のみ
学費年間 19,200ドル(2022年度)
条件Diploma of Screen and Media (Animation, Gaming and Visual Effects)を修了していること
入学1月のみ
専攻 ●Content Creation and Design
Advanced Diploma of Screen and Media(Content Creation and Design)で学べる教科は下記になります。Advanced Diploma から本格的な VFX(Visual Effect)の教科を履修できるようになり、グループワークでの制作課題も多くなります。
Content Creation and Design専攻
  
    必修 4科目
  1. Engage in the business of creative practice
  2. Establish and maintain safe creative practice
  3. Evolve ideas for professional creative work
  4. Work professionally in the creative arts industry
  
    選択科目
  1. Collaborate in professional creative projects
  2. Complete compositing to create elements for 3-D and digital effects environments
  3. Create and combine 3-D digital games and components
  4. Design and create models for 3-D and digital effects environments
  5. Design digital simulations
  6. Design games
  7. Design specifications for animation and digital visual effects
  8. Develop lighting designs
  9. Edit complex media productions
  10. Extend expertise in a specialised art form to professional level
  11. Originate a body of independent creative work
  12. Perform primary and secondary colour correction
 

Graduate Certificate(修士号)へ進学できる!


Advanced Diploma を修了後、VFXに特化して継続教育を希望する場合、南オーストラリア大学のGraduate Certificate コースへの進学が将来の可能性を最大限に高めてくれます。
「VFX技術者」として「修士号レベル」で且つ「実際のVFX映像会社の現場での授業スタイル」で学ぶことになりますから、大変刺激的なコースです。

Advanced Diploma から Graduate Certificate への進学なので見逃されがちですが、VFX技術者としては、ぜひ参考にして欲しいパスウェイです。

実際に TAFE SA → 南オーストラリア大学のVFXに特化したパスウェイを利用して、現地就職を果たした学生の体験談はこちら↓。

【体験談】山下 千遙さん
VFX技術者として現地就職 〜 南オーストラリア大学〜
修士号の一部 Graduate Certificate in Dynamic Effects and Lighting というコースで学びました。
この Graduate Certificate in Dynamic Effects and Lighting は、とても実践的で 現地企業のRising Sun Pictures (以下RSP)にあるクラスルームで行われます・・・



オーストラリアで最大のVFX制作企業 Rising Sun Picturesと 南オーストラリア大学のコラボレーション

南オーストラリア大学提携企業 Rising Sun Picturesについて
オーストラリア国内の映像制作会社として最も有名なプロダクションの一つに数えられ、現在、請け負う映画や映像制作の数はオーストラリア国内でも随一となります。
Rinsing Sun PicturesのVFX Supervisor のTim氏は、過去Matrix などでAcademy Award受賞、近年ですとX-Men Wolverine で Academic Award受賞とOSCARS(アカデミー賞)のVFX部門でノミネートされた世界でも指折りの技術者となります。
Rising Sun Pictures Website:https://rsp.com.au/home/


進学先の大学 University of South Australia
コースGraduate Certificate in Dynamic Effects and Lighting(VFX)
コース期間0.5年間(半年間)
学費13,450ドル(2023年度)
入学2月と7月
英語 ●IELTS Academic overall 6.5 (Reading と Writing が 6.0)以上
または、
●南オーストラリア大学付属英語学校の Academic English(進学英語)コースを規定の成績で終えること
または、
●TAFE SA にて Advanced Diploma of Screen and Media(2年)コースを終えた学生はIELTSは免除
出願条件 ●Creative Industries,Creative Arts, Media Arts など Visual effects と関連した学士号を終えている
または
TAFE SA にて Advanced Diploma of Screen and Media(Content Creation and Design)を終えている

Showreel(ショーリール)とCV(履歴書)の提出必須
【Showreel】
・ShowreelはYoutubeまたはVIMEOにアップされていること
・90秒以上
・映画製作のプロセスを理解していることを証明すること、
・3Dまたはコンポジットソフトウェアのいずれかを使用する能力を実証すること
・実写のコンテキストでNukeやMayaを熟知していることを証明すること
【CV-履歴書】
・2ページ以内にまとめること
・学歴と職歴が記載された現在の履歴書であること
・少なくとも2人の推薦者

進学先の大学 University of South Australia
コースGraduate Certificate in Compositing and Tracking(VFX)
コース期間0.5年間(半年間)
学費13,450ドル(2023年度)
入学2月と7月
英語 ●IELTS Academic overall 6.5 (Reading と Writing が 6.0)以上
または、
●南オーストラリア大学付属英語学校の Academic English(進学英語)コースを規定の成績で終えること
または、
●TAFE SA にて Advanced Diploma of Screen and Media(2年)コースを終えた学生はIELTSは免除
出願条件 ●Creative Industries,Creative Arts, Media Arts など Visual effects と関連した学士号を終えている
または
TAFE SA にて Advanced Diploma of Screen and Media(Content Creation and Design) を終えている

Showreel(ショーリール)とCV(履歴書)の提出必須
【Showreel】
・ShowreelはYoutubeまたはVIMEOにアップされていること
・90秒以上
・映画製作のプロセスを理解していることを証明すること、
・3Dまたはコンポジットソフトウェアのいずれかを使用する能力を実証すること
・実写のコンテキストでNukeやMayaを熟知していることを証明すること
【CV-履歴書】
・2ページ以内にまとめること
・学歴と職歴が記載された現在の履歴書であること
・少なくとも2人の推薦者

VFX で学べる範囲(Dynamic Effects and Lighting と Compositing and Tracking) でそれぞれ半年ごとになりますが、それぞれ単独で半年だけの選択もできます。
VFX 分野では、最高学位となる Graduate Certificate ですが、Advanced Diploma of Screen and Media からもダイレクトで進学可能な点は、TAFE SA、University of South Australia(南オーストラリア大学) ,そして 現地企業の Rising Sun Pictures の3つのコラボレーションからなる産学が直接結びついている良い例かと思います。

TAFE SAで学べば大学よりも割安


最後に費用面と最終学位で見比べていきましょう。
最初から大学の学士号にて Creative Industries, Creative Arts, Media Arts, Media,などの学部へ進学した場合で、3年間で大学を終えたと過程して、大体下記のような金額(概算)になります。

●クイーンズランド工科大学
Bachelor of Creative Industries コース
32,300ドル×3年=96,900ドル(約920万円)(2022年度)
得られる最終学位:学士号(Bachelor)

●南オーストラリア大学
Bachelor of Film and Television(旧Media Arts)コース
29,400ドル×3年=88,200ドル(約837万円)(2022年度)
得られる最終学位:学士号(Bachelor)

TAFE SA の Advanced Diploma of Screen and Media から 南オーストラリア大学のGraduate Certificate (X2コース)の合計3年間の場合は下記の費用概算になります。

●TAFE SA+南オーストラリア大学
Advanced Diploma of Screen and Media(Diploma 1年含む)
19,200ドル×2年=38,400ドル(約364万円)(2022年度)
Graduate Certificate
26,900ドル×1年=26,900ドル(約255万円)(2022年度)
合計 65,300ドル (約620万円)(2022年度)
得られる最終学位:修士号過程(Graduate Certificate)

TAFEと南オーストラリア大学の3年間の就学で、学費も大学で学士号よりも3割は節約できます。

もちろん、映像、映画、テレビ制作など、映像分野の多方面での活躍を考えたい場合は、大学の学士号にて学ばれるのが最適です。
しかし 3Dアニメーション、ゲーム映像、VFX を集中して学びたいという方には TAFE SA(Diploma and Advanced Diploma of Screen and Media) と 南オーストラリア大学(Graduate Certificate)での修学をぜひ一度ご検討ください。

TAFE SAへの出願に向けての準備


1. まずは英語試験を受験してください
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合はTAFE SA付属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願書類4点をご準備ください
出願には下記4点の書類をご準備ください。
  • 高校の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 高校の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。当社にて出願手続きをスタートします。

当社について、安心の現地サポート


オーストラリア専門の無料留学エージェント
当社オーストラリア留学センターは、日本に東京オフィス、そしてオーストラリア国内の主要6都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレード、パース)に自社の現地サポートオフィスを構え、全オフィスに日本人スタッフが常勤している唯一の日本エージェントです。

オーストラリアの主要6都市にスタッフが在住しているメリットを最大限に生かし、「現地にいるからこそわかる、本当の学校情報をそのまま皆様にお伝えする」というシンプルな方針のもと、過剰な広告や留学フェアなどといった宣伝活動を一切行わず、オーストラリアの教育機関から支払われるサポート費のみで運営しております。ですので、よくある日本の留学エージェントと違い、手続きに対する手数料やサポート料は一切必要ありません。どこよりも確実な情報をもとに、安心してご留学をお任せいただくことができます。

エージェント選びにおいて、そのエージェントから提供される情報量と質、提案力はもちろん、自分が留学する都市にそのエージェントの自社オフィスがあるのか?日本人スタッフが常勤しているのか?も重要なポイントとなります。留学はスタートしてからが本番です。留学前の準備段階において無駄なお金や時間を費やさないよう利用するエージェントはしっかり見極めて選びましょう。
日豪全7オフィスの所在地は「当社について」、各カウンセラーとその所属オフィスは「スタッフ紹介」、当社のポリシーについては「皆様へのお約束」をご覧ください。
豪政府認定教育カウンセラー資格

当社のカウンセラーはオーストラリア政府公認の教育カウンセラー資格PIER(Professional International Education Resources)を保持しており、オーストラリア留学のアドバイス、進学プラン提案をする上で高い専門知識を保有するプロフェッショナルであるQEAC(豪政府認定教育エージェントカウンセラー)として正規登録されております。

また、オーストラリアの各大学も認定する留学エージェントを厳選しており、近年、PIER資格を持つカウンセラーが所属していることを条件としている大学が増えています。

留学会社選びはもちろん、担当になるカウンセラーが「PIER認定のQEACに登録されているかどうか」もエージェント選びの重要なポイントです。利用するエージェント選びの基準にされると良いでしょう。
当社のPIER認定のQEAC登録カウンセラーは「PIER資格保持者紹介」をご覧ください。

留学相談&お問い合わせ


当社オーストラリア留学センターはアデレード大学を含め全豪28大学と全豪全てのTAFEの公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
学力、英語力、希望内容、ご予算など詳しくお伺いしたうえで、おひとりおひとりに合う大学をご提案しております。
オーストラリアの大学進学は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2022年9月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2023年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=95円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は20年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら