TAFE、客室乗務員を目指すコース!

パースのTAFE、ジャンダコットキャンパスで開講されているCertificate III in Aviationは、キャビンアテンダントを目指すコース。オーストラリア全土でもこのコースは開講が少なく、パースでは州立専門学校TAFE1校しかありません。が、このTAFEはジェット機、ボーイング737を保持し、トレーニングに利用するほどコースに力を入れています。その本格的なコース内容をご紹介しましょう!

パース、Jandakot空港にあるTAFE、The AeroSpace Training Centre

パース市内から約22キロ、小型飛行機が主に発着するジャンダコット空港。その空港にTAFEの航空トレーニングセンターが併設されています。ここは1500平方メートルの格納庫にボーイング737を持つ本格的なトレーニング施設。このコース以外にも、主にパイロット養成コース、整備士コースの学生が利用しています。(留学生はパイロット養成コース、整備士コースの受講はできません)
格納庫にはボーイング737以外にも、ありとあらゆる飛行機があり、そのすぐ横は滑走路。このジャンダコット空港を発着する飛行機の様子を間近に見ることができます。
その他、クラスルーム、フライトシュミレーター、図書室がある充実の施設。格納庫の中にあるジャンボジェットの横にあるクラスルームなんて、オーストラリアのTAFEでもなかなか体験できません。

トレーニングで利用するボーイング737!

パースTAFEは、学生の「実践的な授業体験の実現」を目的にこのボーイングを購入し、実際に整備コースも含めて授業中に利用しています。中の座席部分を変更し、授業がしやすいようになっています。
このボーイングの客室全体を使い、緊急時の対応と緊急時に利用する器具、ビジネス&エコノミークラス座席、実際に機能するギャレーやPAシステムを利用し、実践的なトレーニングを行っています。

航空コースで学ぶ科目

Certificate III in Aviationコースでは、コース期間中、以下の科目を学びます。
・貨物の取り扱い
・キャビン内の道具チェックとメンテナンス
・コミュニケーション
・安全面のマネージメント
・航空ルート計画とナビゲーション
・顧客サービス
・リソースマネージメント
・リーダーシップ
・セキュリティ
・事務とファイナンス
・緊急時対応

その他、このコースに入学するには、心身ともに健康であり、また緊急対応のトレーニングでは最低でも25メートル泳げないといけません。また卒業までに全ての主要科目を完了する必要があります。

将来のキャリア

空港地上勤務、キャビンアテンダント、空港マネージャーなど
客室乗務員は人の命に関わる大切な仕事。実際の飛行機を使って緊急時のトレーニングが普段からできることは即戦力になるという点で大きなメリットとなるでしょう。
↓実際にジャンダコットキャンパス見学に行ったパーススタッフ。

Certificate III in Aviationコース詳細

学校名 西オーストラリア州立TAFE
コース名 Certificate III in Aviation [Cabin Crew]
期間 1年
学費 14,420ドル
必要な英語力 IELTS5.5(各スキル5.0以上)
入学日 2月のみ
留学生の少ない環境で英語を使いキャビンクルーのスキルアップができるコース!将来、CAを目指す方にぴったりのコースです。
※上記は2017年8月11日時点での情報となり予告なく変更の可能性があります。
※入学後オリエンテーション時にリソース費、マテリアル費の支払いが必要です。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら