3つのフレキシブルが魅力! 西オーストラリア大学スタディアブロード

パース、西オーストラリア大学のスタディアブロード

西オーストラリア大学(The University of Western Australia、通称UWA)は、オーストラリア8大学の一つ、100年の歴史を持つ名門大学。2005年にはピロリ菌の発見でノーベル賞を受賞したマーシャル教授が今も教える大学です。パースからバスで約15分。キャンパスはスワンリバーのヨットハーバーのすぐ隣にあり、生い茂る木々とレンガ造りのどっしりとした校舎が美しく、ここを歩くと「UWAで学びたい!」と思わせてくれる大学です。

地元オーストラリア人も入学を目指すUWAのスタディアブロードについてご案内いたしましょう!

西オーストラリア大学のおすすめ分野

▪︎政治学
国際政治や国際関連の基礎から学べ、人の移動、環境問題、国際法、核拡散、人権など、幅広い問題に関し、国際関係アナリストのように考え始めることができることを目指します。また、政治経済学、東アジアの政治、マスメディアと政治、ジェンダーと政治の関連性を学ぶ科目もあり、政治学の中でも幅広い分野から選択が可能です。
多くの政治家、著名人を輩出している西オーストラリア大学ならではのおすすめ分野でしょう。現駐日オーストラリア大使のリチャード・コート、前駐米オーストラリア大使のキム・ビーズリーも西オーストラリア大学出身です。

▪︎農業科学
西オーストラリア大学の農業科学はオーストラリアでもトップレベル。Agricultural and Resource Economicsの分野ではオーストラリア1位にランキングされており、プラント、アニマルバイオロジーの基礎からしっかり学べます。牧草・家畜、土壌などの科目は、パース近郊のクローリーキャンパス(UWAのメインキャンパス)とパースから車で南へ約5時間、アルバニーキャンパスでも開講されているため、1学期目はアルバニーキャンパスで、2学期目はパースキャンパスで、と環境を変えて留学生活を送ることも可能です。
もともと西オーストラリア州は第一次産業が盛んで、パースから2時間も車を走らせれば、広大なファームが延々と続くほど。西オーストラリア大学も、2050年までに今より50%多くの人々に、環境をこれ以上破壊せず、食糧を供給するプロジェクトを進めているファーム(1580ヘクタール!)を持っています。

UWAデータ

西オーストラリア大学の強い分野 農業科学、マリンサイエンス、植物学、動物学、政治学、国際関係学、ビジネス、英文学など
入学英語基準 IELTS6.5(各バンド6.0以上)※例外あり
大学で取れる科目数 1学期に3科目か4科目
1学期授業料
(2018年度)
1学期に3科目:10,275ドル
1学期に4科目:13,700ドル
付属英語学校 本科キャンパスからバスで約10分のクレアモントに西オーストラリア大学付属語学学校、CELTがあり、ブリッジングコースからIELTS無しで進学が可能です
こんな方に向いています 積極的に自分から様々なことにチャレンジできる方。名門大学で学びたい方。将来様々な分野を担っていく人材になる学生たちと有益なネットワークを構築したい方
一言メモ 3つのフレキシブルが可能!①IELTSが6.0でも英文学の授業を1学期2科目取ることで入学可能!②学期ごとにキャンパス変更可能!③違う学部を超えて幅広い分野から科目選択可能!

UWAの3つのフレキシブル

①IELTSが6.0でも英文学の授業を1学期2科目取ることで入学可能!
西オーストラリア大学スタディアブロード入学には、IELTS6.5以上の英語力が必要ですが、英文学系の科目を2単位 最初に取ることにより、IELTS6.0以上で入学できるという嬉しいシステムもあり、意外と入学しやすいのが特徴です。

②学期ごとにキャンパス変更可能!
西オーストラリア大学のキャンパスはメインのクローリーキャンパスとアルバニーキャンパスがあります。(アルバニーについてはこちらのスタッフブログをご覧ください)

パースから5時間の南の街、アルバニーキャンパスで開講されているのは、コマース、サイエンス、アーツ分野、マネージメント、マーケティング、環境科学、マリンサイエンス、農業科学、植物学など。

西オーストラリア州の州都パースと、のどかなアルバニー。全く違う2つの街を半年ずつ楽しめる休学留学が体験できます。

③違う学部を超えて幅広い分野から科目選択可能!
西オーストラリア大学は総合大学で、サイエンス、人文学、コマース、医学、工学と幅広い科目を開講しています。日本で自分の専攻は経済だけど、将来はアジアのビジネスにも興味がある、という場合、コマースからもアジア学からも科目をとることができます。

■西オーストラリア大学スタディアブロードプラン例(IELTS5.5の場合)
【夏出発】英語力IELTS5.5(各セクション5.0)の場合
1学期目(8月~翌年2月)付属英語学校20週間
学費:10,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(2月〜6月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
付属英語学校20週+スタディアブロード学費合計
24,170ドル(別途大学の教材費がかかります)
■西オーストラリア大学スタディアブロードプラン例(IELTS6.0の場合)
【春出発】英語力IELTS6.0(各セクション5.5)の場合
1学期目(4月〜6月)付属英語学校10週間
学費:5,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(7月〜12月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
【秋出発】英語力IELTS6.0(各セクション5.5)の場合
1学期目(10月〜12月)付属英語学校10週間
学費:5,470ドル(入学金・テキスト代・授業料)
2学期目(2月〜6月)スタディアブロード
1学期4科目受講::13,700ドル(別途教材費がかかります)
付属英語学校10週+スタディアブロード学費合計
19,170ドル(別途大学の教材費がかかります)
※英語力がIELTS6.5(各セクション6.0)で、UWAの学期日程とタイミングが合う方は、1学期、あるいは2学期間スタディアブロードのみ受講することも出来ます。

※パースのスタディアブロードに関しては、こちらもあわせてご覧下さい。
パースのスタディアブロードがおすすめな理由

※西オーストラリア大学のスタディアブロード体験談はこちら!
西オーストラリア大学で英米文化を学ぶ
西オーストラリア大学で認定留学!
「人との出会いで自分が変わる」休学留学体験談

オーストラリア留学センターは現地無料エージェントです

東京の他、パース、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレードにオフィスを持つ現地エージェント。だからこそ、各都市の学校といつも密に連絡を取っており、最新の情報を無料でお届けしています。

渡航前から渡航後、留学期間中まで、しっかりカウンセリング、サポートを行えるオーストラリア専門の留学エージェント。パース留学に関するお問い合わせは、メールでお気軽にお問い合わせください


お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりづらいこともございます。その場合はお手数ではございますが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
●上記情報は2018年2月2日時点での情報となり、予告無く変更されることがあります。ご了承下さい。
●スタディアブロードプログラムでは大学のすべての科目が選択できる訳ではなく、限られた科目から選択が可能となっております。ご了承下さい。
●科目選択、入学基準などは、西オーストラリア大学の規定により決定します。
●スタディアブロードプログラムではオーストラリアの大学卒業資格は得られません。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら