単独渡航可能な年齢

オーストラリアに単身渡航できる年齢は?

州立高におけるお子様の単身留学は、ビクトリア州は16歳から、クイーンズランド州とニューサウスウェルズ州は15歳から、西オーストラリア州は14歳から認められています。(※2012年現在)これらの年齢に満たないお子様は、保護者同伴にて留学が可能です。

私立高であれば、基本的に年齢制限は無いため15歳以下でも単身渡航が可能ですが、受け入れ先の学校規定によるとお考えください。多くの私立教育機関では、13〜14歳からの入学を受け入れています。

生活に関しては15歳以下の場合、原則保護者の方(ガーディアン含む)との現地生活が必要となります。年齢によっては、学生寮やホームステイで滞在することもできますが、保護者が現地にいない場合(手配できない場合)は、学生寮に入寮することが一般的です。

下記に、州立校入学の場合、単独渡航が可能な年齢を記載させていただきましたから、参考にしてください。

QLDNSWVICSAWAACTNTTAS
18歳
17歳
16歳
15歳
14歳
13歳
12歳
11歳
10歳
9歳
8歳
7歳
6歳

お子様の一人旅サービスを利用する

各航空会社では、Unaccompanied Minor (付添い人のいない未成年者) 学生の単独渡航年齢制限が設けられています。

例えば、JALなどは、満5~11歳で満12歳以上の付添人がいない場合利用が可能です。出発・到着両空港にお見送り・お出迎えの方を手配する必要がありますが、留学生の単独渡航が心配な親御さんは、ご利用頂くのも一案です。

航空会社により規則が違います

上記のUnaccompanied Minor (付添い人のいない未成年者) の利用有無に関わらず、学生の単独渡航年齢制限は、各航空会社ごとに設けられています。こちらは航空券ご予約の際、利用条件を再度確認頂くことをオススメします。

尚、現地のホテル宿泊についても、注意が必要です。事前の予約があっても、未成年の単独宿泊の場合、宿泊を断られることがありますからご注意ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2019年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら