オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

ユニークなコースが沢山!州立専門学校Melbourne Polytechnic−Eppingキャンパスへ見学に行ってきました

メルボルン・ポリテクニックはメルボルン郊外に複数のキャンパスを保有する大型州立専門学校になります。今回は少し変わったコースが開校しているEppingキャンパスへ見学に行ってきました。


キャンパスはどの辺り?

Eppingキャンパスは市街地から電車South Morang線で約50分の場所にあります。キャンパスは駅に隣接しているので、市街地からは少し距離はありますが大変アクセスしやすい場所にあります。


どんなコースが開校しているか

養殖学建築学配管学農業学ワイン学馬学動物看護学

ユニークなコースが沢山!!
建築学や動物看護学などは他の専門学校や大学などでも開校されているのですが、特にユニークなコースとしてご紹介したいのはワイン学養殖学になります。こちらは農業学のコースから専攻科目を選ぶ事が可能です。

BACHELOR OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY

授業料 年間22,500ドル(約186万)
就学期間 3年間
専攻科目養殖学、農業経済学、農作業学、ワイン学を選ぶ事ができます
英語力基準 IELTS 6.0以上(各バンド5.5以上)
入学条件高校を卒業している方、もしくは専攻内容の就業&修学経験がある方
入学時期 2月、7月
*2016年11月23日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。


ワイン学を勉強出来るのはMelbourne Polytechnicのみ! 
学校がワイン畑をや製造所を所有しており、直にブドウ栽培方式、品種、ブドウ園管理、収穫などの栽培方法から醸造方法、出荷まで全ての工程を勉強する事が出来ます。座学はキャンパスで行われますが、その他の栽培方法や収穫などはキャンパス近隣の農園にて行われます。


養殖学においては、生物学、水生動物の遺伝学、魚の水産養殖、軟体動物および甲殻類の水産養殖や微生物学および水生動物病を勉強し、藻から液体燃料を生産する方法を研究しており、キャンパス内に沢山の水槽や科学で使用する実験器具がずらりと並んでいます。


その他に以前に記事としてご案内しておりますが、競走馬、育種を勉強する馬学(←詳細はこちらをクリックしてください)などのコースなども開校しています。
このコースでは馬の取扱やケア、乗馬や競馬コースでの仕事内容や知識を得るコースになっており。競馬産業が盛んなイギリス、香港などから特待生が留学するなど、世界的にも認められているコースになります。

Melbourne Polytechnicへの進学

オーストラリア留学センターは、Melbourne Polytechnicへの日本公式の相談・出願窓口として、進学のご相談から出願、現地でのサポートを無料でお手伝いをしております。州立専門学校Melbourne Polytechnicのコースにご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

備考
※上記費用や入学基準等は2016年11月24日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございます。
※ご参考の日本円は1ドル=83円換算としております。

この記事は私が書いています

 
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。