ガーディアンビザ(保護者ビザ)

ガーディアンビザについて

18歳未満の未成年者が学生ビザを申請してオーストラリアに留学する場合、ガーディアン(保護者)が必要となります。

【親御様がガーディアンになる場合】

ご両親様のどちらががガーディアン(保護者)ビザを申請しお子様の留学に同行して現地で一緒に生活します。

▼ ガーディアンビザの条件
・お子様一人につき、一人の方がガーディアンとして渡航可能
・ガーディアンの就労は一切禁止
・ガーディアンは3ヶ月まで就学は可能


【ガーディアンを第三者へ依頼する場合】

親御様の同行が不可能な場合は、このガーディアンを第三者に依頼することになり、通常、現地に住んでいる21歳以上の親族、または、ホームステイファミリーが、ガーディアンになることが出来ます。


上記いずれの場合も、就学面だけでなく全ての留学生活においてガーディアンはお子様が安全に安心して留学生活を送るための義務が課されますので、非常に重要な役割となります。

また、18歳未満の未成年者は、成人に比べ、ビザ申請の際に多くの追加書類の提出が求められますので、半年前には手続きを進めて出発に備えましょう。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2019年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら