オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

オーストラリアで聴覚訓練士を目指す

Audiologist と言う職業をご存知でしょうか? 2016年7月よりオーストラリアの重要職業の一つに加えられました。

Audiologist は日本語では、「聴覚訓練士」と呼ばれる職業になります。
ここオーストラリアの医療系分野において、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士とともに人手不足と言われている職種の一つです。
Audiology は 聴覚学と言いますが、音を人体が受容する過程に関する学問で補聴器なども含め、聴覚に関するスペシャリストのコースとなります。

フリンダース大学で学ぶ聴覚訓練士

聴覚訓練士(Audiologist)は、医療系コースではオーストラリア国内で非常に評価の高いフリンダース大学で開講しています。

修士過程(Master)のコースとなり、通常、同コースへの進学には、医学、ヘルスサイエンス、心理学、神経科学、生物学、オーディオエンジニアリング、言語療法、教育学、行動科学、などの学士過程卒であることが優先されます。

しかし、フリンダース大学では卒業された学士過程の学歴(成績)にもよりますが、仮に医療系学部以外の卒業でも、修士過程(Master) 2年コースに直接進める可能性があります。文系から医療系へのキャリアチェンジを希望する方も諦めずにチャレンジできる分野と言えます。(通常、医療系修士課程では、同分野での学部卒が求めらます)

大学名Flinders University (フリンダース大学)
コースMaster of Audiology
留学先アデレード
期間2年間
入学2月
学費年間 39,200ドル(2017年度)
出願条件・学歴:学士過程を卒業していること(医療系学部以外の人はインタビューあり)
・英語:IELTS 6.5(全てのセクションで6.0以上)

[注意]
Audiology のコースは、基本的に英語コースとのパッケージは出来ませんが、IELTSポイントでOverall は6.5を超えているが、各セクションの一つが 0.5足りないなど考慮すべき点があれば、大学側とインタビューの機会を設けます。その上で認められれば、英語コースとのパッケージが可能です。
英語力証明でIELTSが足りない方は、ぜひお早めにお問合せください。

聴覚訓練士として永住権を取る

オーストラリアの永住権を取得したいと考えている人にとって、オーストラリアで聴覚訓練士のコースを終えることは永住権申請のために非常に有利です。冒頭の通り、オーストラリアでは2016年7月現在、需要の高い職業のひとつとして専門職業リスト(Skilled Occupation List)にあげられています。

大学公認窓口オーストラリア留学センターへお問い合わせ

当社オーストラリア留学センターは現地の無料エージェントであり、フリンダース大学を含め、全豪多数の大学の公式出願窓口となっており、ご相談~出願手続き~現地生活サポートまで無料でご利用頂けます。

【お問い合わせフォーム】よりお気軽にご相談ください。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。