オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

大学卒業後の雇用調査比較-No.1 オーストラリア


Marbella International University Centre(MIUC)が、オーストラリアの大学の卒業生が最も雇用に恵まれているとの調査結果を発表しました(MIUC Research, Graduate Employment Around the Worldより)。

調査対象国は、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、ポーランド、ロシア、スペイン、トルコ、イギリス、アメリカの17カ国。

調査方法は、最低賃金、労働時間、年収等、雇用と生活の質に菅家する8つの評価基準に基づいています。

オーストラリアの大学の卒業生の雇用評価について、MIUCの調査結果の一部をご紹介致します。

総合ランキング

順位国名
1位オーストラリア
2位アメリカ
3位ドイツ
4位カナダ
5位日本
6位イギリス
7位フランス
8位ベルギー
9位アイルランド
10位韓国

年間労働時間

以下では、日本人留学生が多い、オーストラリア、アメリカ、カナダ、日本、イギリスの5ヵ国の評価を掲載致します。
国名労働時間
イギリス1,669時間
オーストラリア1675.5時間
カナダ1,706時間
日本1,735時間
アメリカ1,788時間

就職率

国名就職率
オーストラリア72%
カナダ72%
日本71%
イギリス71%
アメリカ67%

最低賃金(時給)

国名最低賃金(時給)
オーストラリア15.87ドル
イギリス10.72ドル
カナダ9.43ドル
アメリカ7.25ドル
日本7.5ドル
※通貨はアメリカドル。

オーストラリアに初めて来た時、「思っていたよりも物価が高い!」と感じる方が多いようですが、最低賃金をご覧頂ければ納得いくかと思います。

年間所得

国名年間所得
アメリカ54,214ドル
オーストラリア46,585ドル
カナダ44,017ドル
イギリス40,649ドル
日本36,039ドル
※通貨はアメリカドル。

年間所得を年間労働時間で割ると、1時間当たりの収入は、オーストラリア:27.8ドル、アメリカ:30.3ドル、カナダ:25.8ドル、日本:20.8ドル、イギリス:24.3ドルとなります。

アメリカは労働時間は長いですが、日本と比べて約10ドル、1時間当たりの収入が異なります。オーストラリアは比較的労働時間は短いですが、1時間当たりの収入は27.8ドルと高い水準となっています。

オーストラリアへの大学進学

オーストラリアでは、2年以上のコースで学士号、もしくは修士号、博士号の学位取得者は、卒業後に1.5年から最大4年の、就労できるビザ取得の可能性もあり、留学生に対しても大学卒業後の就職を目指しやすい国とも言われています。

チャンスが広がるオーストラリアの大学進学。当社ではトップ8大学であるメルボルン大学(University of Melbourne)クイーンズランド大学(University of Queensland)西オーストラリア大学(University of Western Australia)をはじめ、オーストラリア各大学への進学のお手伝いをしております。

オーストラリアの大学進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
IMG_2166
この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号H297)
オーストラリアのパースから留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか?

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。